【サイト内検索】
スポンサードリンク

DHT(ジヒドロテストステロン)の髪に与える影響と必要性

男性ホルモンの一種である
ジヒドロテストステロン(DHT)は脱毛症に苦しむ人なら
一度は聞いたことがあると思うくらい有名な物質です。

睾丸(こうがん)(女性は卵巣から)
もしくは副腎(腎臓の上にある臓器)から
テストステロンが分泌されます。

テストステロンは血中を流れていき、
細胞内にはいると5αリダクターゼという還元酵素で
より活性化されたDHTに転換されます。

還元酵素にはI型とII型があり、
後者の方が薄毛を促進させる作用が強いと言われています。

DHTが脱毛症を引き起こす詳しい仕組み

DHTは他にも前立腺肥大症や
エストロゲンを減少させる作用もあるので
世間一般では悪者扱いされている傾向が強いです。

たしかにDHTは脱毛症の最大の原因物質なので
(女性も含め)全くいらないと思うのが普通です。


しかしDHTは体にとても大事な役割を果たしています。


テストステロンは骨や筋肉、
性機能などに関わっていることは割と有名だと思いますが
実は各組織の受容体と結びつきにくい特徴があります。

よって5αリダクターゼ(I型)によって
結びつきやすいDHTに変換することで
より作用させやすくしているのです。




I型は体内のほとんどの細胞に存在していて、
II型はごく限られた部分に存在している。
(前立腺、前頭部、髭が生える部分、精嚢(せいのう)、外陰部の皮膚)

特に重要視されるのが男性器の形成です。

5αリダクターゼが欠損している子供は
DHTが作られないか微量しかないので
発育に支障をきたしてしまいます。

未成年の子供や女性(特に男児妊娠中)が
身の回りにいる場合プロペシア(フィナステリド)の扱いに
気をつけないといけないのはそのためである。


また、DHTは髪にいいとされる
女性ホルモンのエストロゲンを少なくする作用もありますが
良性の前立腺肥大症(BPH)はエストロゲンが関わっているので
その治療にはDHTが役に立つのです。


これらのことからDHTもテストステロンや皮脂と同じく
良い面も悪い面も兼ね備えた存在と言えるので
完全な悪者ではないことが分かると思います。

よってII型の還元酵素だけを阻害するならまだしも、
I型も阻害するのは健康的にどうかなと思ったりします。

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。