【サイト内検索】
スポンサードリンク

分子標的治療の有益性が不明なため円形脱毛症に用いるべきでない

分子標的治療とはその名の通り
特定の分子を狙う治療法の一種。

その治療薬の種類はとても豊富ですが
主にがん治療で期待されています。

特定の細胞にだけ作用するので
副作用が少ない利点があります。



円形脱毛症の治療では
免疫機能を抑制する分子標的治療薬が
有効ではないかといわれています。

研究では抗インターフェロン・ガンマ抗体や
免疫グロブリン製剤など免疫力を抑制する薬剤を投与すると
脱毛範囲が縮小した結果がでたとされる。

しかしランダム化比較試験が行われておらず
研究結果の根拠も弱いことから
有益かどうかよくわからないのが現状です。

よってガイドラインではD判定になっている。
(行うべきではない)




また、副作用が少ないタイプの薬とはいえ
医薬品なのでそのリスクは0ではありません。

インターフェロンの副作用としては
発熱やだるさ、疲労感、痛みや痒み、
稀に脱毛や抑うつ症状もでるという。

免疫グロブリン製剤は
アナフィラキシーショックや肝機能障害、
急性腎不全、血小板減少、肺水腫、嘔気、
悪寒、発熱などが報告されている。



医学的には注目される種類の薬なので
今後円形脱毛症に有効な分子標的治療薬も
登場する可能性はありますが、
いまのところは実施しないほうがいいでしょう。


円形脱毛症ガイドラインについて


- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。