【サイト内検索】
スポンサードリンク

smpを受ける際のクリニック選びについて 将来も含めて考察

smpは植毛やハーグよりも新しい技術なので
まだ受けられるクリニックが少ないのが難点です。

この記事を執筆した2017年の時点では
表参道の首藤クリニックか
横浜のヨコ美クリニックくらいですが
市民権を得られれば増えてくると考えられます。

そうなることを前提として
どのクリニックがいいかを考えておこうと思います。

個人的には理想は単一の方法だけではなく
複数の方法を検討できるところです。


・医療機関しかSMPはできないが油断もできない


smpは薄毛を隠す方法としては
最上位に位置していると言える画期的な技術です。

そして技術もさることながら
安心感が強いという特長もあります。

smpはアートメイクの一種ということで
立派な医療行為となります。

つまり、医療機関でしか実施できないので
エステやサロンが手を出すことはできません。

たまに医師資格がないのに医療行為をして
逮捕される者もいますがsmpに関しては
そのような事態に遭遇することはまず考えられません。

とりあえずそういう意味でもsmpは信頼度が高く
画期的と言えるのではないでしょうか。

ただ、注意して頂きたいのは
医療機関=100%信頼できるとは限りません。

植毛を深く勉強してみるとわかりますが
適当な施術で仕上がりが不自然になったり
十分に発毛すらしないケースも多いです。

消費者にとってメリットが大きい物事が
広がっていくことはいいことではありますが
適当な輩が参入されては困るものです。

といいますか、現代はそれが当たり前だという
前提に立たなければいけない状況です。

だからある意味では今のように
受けられるところがごく限られてる方が
いいという考え方もあると思います。

ただsmpはある程度年数が経つと色落ちするので
何度か通う必要性があることを考慮すると
植毛くらいの裾野は広がってほしいですよね。

大都市圏に住んでる人ならいいですが
それ以外の地域だと不便すぎることになります。

そういうことも意識しながら
どこのクリニックがいいか
考えに耽ってみることにします(^^)


・SMPに精通した医師にまかせるのが基本


基本中の基本となるのは専門クリニックです。

美容外科クリニックと銘打ってるところだと
いろいろな施術に対応できはするものの
個別の案件に精通していない可能性が高いです。

例えば植毛はその典型例かもしれません。

植毛は外科手術の中でも一番難しいと言うほどの
医師もいるほどなのでそれに精通してる方に
お願いするのが妥当です。

SMPは新しい技術なのでなおさらそういえるでしょう。

アートメイクの一種ということで
全く新しい概念ではないため
今後は美容外科クリニックでも
取り扱うところが出てくるかもしれません。

植毛よりは敷居が低いと思われますが
やはり専門医に頼んだ方が安心感が違いますよね。

もしくはSMPオンリーでなくても
長年植毛に携わっている頭髪治療のエキスパート
と言える医師が望ましいです。

もっと言わせてもらうと
SMPだけでなく植毛や薬物治療も含め
総合的に対応できるところが最適だと言えます。

薄毛治療はいろんな選択肢がありますから
いろいろ検討できるに越したことはありません。

今後はそのようなクリニックが増えてくれることに
期待したいですが現状は多くありません。

今のところそのようなクリニックは
自分が知る限りの範囲では
ヨコ美クリニックしかありません。

もちろん総合的に対応できなくても
SMPをいち早く日本に導入させた
首藤クリニックのような専門的なところは
受ける価値があると思います。


注意したいのは美容外科が専門で
SMPをついでにやるようなところです。

植毛ではそうするクリニックが多数あるので
SMPもそういうところが出現する可能性はあります。

もちろんアートメイクに精通した腕のいい医師がいるなら
まだいいかもしれませんがそうでないと思うのなら
注意深くなったほうがいいですね。


そして、今後実施するクリニックが増えた場合、
気をつけることは医師の腕はもちろんのこと
価格も注意深く調べておく必要があります。

髪に関する治療は保険が効かない自由診療なので
クリニックが値段を好きなように決められます。

植毛でもそうですが法外な価格設定をするところが多いので
上記で挙げたクリニックの価格を参考にするといいと思います。


あとは安全面にも気を配りましょう。

SMPで使用する色素は主に金属系か非金属系があり
後者の方が安全性が高くなります。

また、麻酔はどんなものをどのくらい使用するのか、
もしものときのための救急処置を行える体制は
整っているかも重要です。

植毛でも同じですがちゃんとしてるところもあれば
適当なところもあるのが現状です。

どちらがいいかは言うまでもありません。


・全てにおいて最初が肝心


クリニック選びについては薄毛治療に限らず
あらゆる分野で最重要なことです。

植毛では仕上がりが不自然、発毛率が悪い、
またしたくてもドナーを取りすぎてもうできない、
などなど被害報告がとても多いです。

SMPも普及すれば必ず問題も多くなると考えるのが自然です。

何が起こるかは起こってからでないとわかりませんが
色素の注入量を間違えて一部分だけほくろのような
不自然な斑点、もしくはシミができたような事例や、

生え際が真っ直ぐすぎるとか既存の毛穴と色が違いすぎるとか
とにかく色んなことが起きると考えられます。

それらの問題はある意味すべてクリニック選び、
最初の段階で決まっていると言えます。

将来的にクリニックが増え、
わりと近くにできたとしても油断せず
念入りに調べてから施術を受けましょう。

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。