【サイト内検索】
スポンサードリンク

牛乳を飲むと薄毛になる!?人間にとっては毒液でしかない

育毛を成功させたいなら健康状態の改善・維持が必須です。

しかし、文明社会は毒まみれであるため
体にいいものを摂るのと同時に毒を避けることも重要です。

今回は砂糖に引き続き毒シリーズ第2弾と称して
「牛乳」について考察していきたいと思います。

一般常識的に牛乳は体にいいものとされていますが、
健康について意識が高い人にとっては
それが大間違いであるということが常識となっています。

牛乳には多くの不健康要素を含んでいることから
当然のことながら育毛に寄与するどころか
薄毛を助長する代物と捉えるのが妥当だと思われます。

では牛乳はなぜ、どのように体に悪いのかについてお伝えしていきます。

牛乳の不健康要素は実にバラエティーに富んでいます。


・カルシウム不足を引き起こし最悪骨粗しょう症になる

・カゼインという動物性タンパク質は発がん促進物質である

・人類のほとんどが乳糖不耐症である

・脂質の摂り過ぎを助長し癌や心筋梗塞を後押しする



その他にもアレルギー、鉄欠乏性貧血のリスクや
成長ホルモン混入による早熟、過酸化脂質の発生、
高温殺菌による酵素の破壊など体に入る前からも問題が山積み状態です。


一番気になると思われるのがカルシウムについてだと思います。

カルシウムは骨だけでなく細胞の働きにも関係する重要な栄養素ですが、
牛乳にはリンが大量に含まれているため逆にカルシウム補給どころか
同じ量のカルシウムが溶けだしてしまいます。

リンはカルシウムと結合しやすい性質があり、
牛乳そのものに含まれるカルシウムも他の栄養素とくっついて
分子量が多くなっていてそもそも吸収しにくくなってます。

牛乳消費量が多いアメリカや北欧の人のほうが
骨粗しょう症になる人が多いのも有名な話です。


それに関連して虫歯の原因にもなりえます。


あと乳糖についても割と世間に知られていることだと思います。

乳糖は糖質の一種ですが人間はそれを分解する
ラクターゼという酵素が大人になるとほとんど作られなくなるので
牛乳を飲むと下痢を起こす人が多いのは自然なことです。

母乳にも乳糖は含まれていますが授乳期の赤ちゃんは
ラクターゼが体内で多く作られているので大丈夫なわけです。


本当の問題はここからです。

牛乳にはカゼインという動物性タンパク質が含まれていますが、
それが癌を助長するという事実がすでに判明しています。

正確には数多く存在する発がん性物質を
細胞内に取り込むようアシストしてしまう性質があるのです。


近年は母乳が出ないからとミルクで赤ちゃんを育てる人も増えてますが、
小さいうちは腸がまだ未発達なためにタンパク質のまま
体内に吸収されてしまう恐れがあります。

タンパク質のままだと体は異種タンパクと認識するので
様々なアレルギー症状や1型糖尿病などの温床となりうるため
本来はアミノ酸の形で吸収しないといけないのです。

大人になるとそのリスクは減るのですが
だからといって飲んでいい理由には到底なりません。


牛乳は人間にとって不必要な飲み物であり多くの病気の元凶といえることから薄毛を間接的に促進する極めて不健康な食品である


次に脂質も大いに問題があります。

牛乳に含まれる脂質はアテローム硬化の原因となり、
心筋梗塞や脳梗塞などの重病の火種となる恐れもあります。

液体であるがゆえに脂質の摂取量自体も多くなりやすい傾向にあります。

また、牛乳はホモゲナイズという処理が施されます。

ホモゲナイズとは均等化という意味で、
脂肪球という形で存在する脂質の大きさを均一にするという処理です。

それにより脂質が表面に浮上してクリーム状になることを防ぐのですが、
同時に過酸化脂質が多く発生してしまうことになります。

過酸化脂質とは要は酸化した油のことです。

頭皮に油がたまると酸素と結びついて過酸化脂質となりますが
それと同じようなものを取り込んでると思いましょう。


あと牛乳は殺菌処理されることが義務付けられているので
せっかくの酵素や他の栄養素も台無しになっているという問題や、

多く搾り取れるよう成長ホルモン剤が使われることや
病気にならないよう抗生物質などの薬剤が使われている問題もあります。


ホルモン剤によって人間の成長も不自然に早まり、
妊娠可能期間が伸びたり乳がんの原因となったりもします。



このような感じで牛乳は百害あって一理なしの代物であり、
育毛に貢献するとは到底思えないのではないでしょうか。

腸内で毒素が発生したり、鉄欠乏性貧血の影響もあることから
赤血球の質も悪くしている恐れがあり、牛乳を飲むと薄毛になる、
薄毛を後押しする、育毛を邪魔するといっても過言ではありません。

直接的でなくても不健康要素がある時点で
関連がとても深いと思っておいたほうがいいです。



ということで牛乳をはじめ乳製品は極力摂らないのが理想的です。

どうしても好きならたまにたしなむ程度にし、
常食しないようにしましょう。

牛乳を直接飲まなくても多くの食品の原料にもなっているので
その点も考慮する必要があります。


- スポンサードリンク -


乳製品カテゴリに書いた記事アーカイブ

  1. 牛乳を飲むと薄毛になる!?人間にとっては毒液でしかない
  2. 乳製品との健康を意識した付き合い方|食べ過ぎ注意が大原則
  3. 牛乳は育毛の為になるのか|栄養価に優れている等と言われますが...
  4. ヨーグルトは育毛的に注目の食品だがデメリットも知っておきましょう
  5. チーズは栄養価が高いことから育毛に良いとされるがデメリットも多い