【サイト内検索】
スポンサードリンク

揺らぐ日本の水の安全性|最低限塩素を除去するよう意識する

日本の水は世界一安全だと言われることがあります。

都市部はあれですが基本的に水道水はそのまま飲むことができ、
降雨量が多く自然豊かなことから水資源が豊富で
いろいろな種類の天然水があるくらいですから
安全性が高いというイメージがつきやすいのでしょう。

しかし、そんな日本の水でさえもちょっと調べれば
安全性が高いとはいいにくいのが現状です。

いえ、むしろ危険であると認識しておいたほうが良いです。

髪は血流が悪いと育たないからと水をがぶがぶ飲むだけでは
あまりにも認識不足だということを自覚する必要があります。


・水には危険な物質が溶け込んでいる


水道水には塩素が含まれていることは有名です。

それはカルキともいわれます。

塩素を投入する理由は殺菌目的であり、
たしかにそれによって感染症のリスクは劇的に低下しました。

ところが塩素自体、体に悪いものであるため新たな問題が浮上してしまったのです。

塩素は水と反応すると次亜塩素酸と塩酸に変化しますが、
それらは非常に強い酸化力を有しています。

酸化とは細胞からマイナス電子を奪うこと、
つまり錆びさせる作用のことで細胞を壊してしまいます。

もちろん酸化物質を中和してくれる
ビタミンCなどの栄養素も浪費することに繋がります。

それは育毛にブレーキをかけることにもなると思われます。

また、塩素は口以外にも皮膚からも吸収されることがわかっています。

手を洗ったりシャワーを浴びるだけでも
塩素が体内に侵入してくることを意味します。

そのように皮膚から毒物が侵入してくることを経皮毒といいます。

ちなみに塩素はカビ取り剤や漂白剤にも含まれる成分で、
使用する際は換気に気をつけるよう注意書きされていたり、
かつては毒ガス兵器として使用されていたこともあります。

それほど人体に悪影響を及ぼす物質だということです。


日本の水の安全性はとっくに崩壊しているので出来る限り浄水器などで対策したほうがよい



・水には塩素以外にも毒物が溶け込んでいる


水に含まれる毒物は塩素だけではありません。

最近問題視され始めてきたのは水道管の錆止め剤です。

水道管には錆びを防止する目的で塗料が塗られていますが、
経年劣化によりそれが溶け出してきてることがわかっています。

塗料にはMDA(メチレンジアニリン)という発がん性物質が含まれていて、
それが各地で検出され始めているのです。

MDAの危険性が世界的に知られていることから
それを含まない塗料を使うようになったそうですが、
その取り組みが完全に実施されてるかは不透明であり、
代替塗料の安全性もどうなのかはっきりとはわかりません。

そして福島原発事故による放射性物質の大量流出問題も忘れてはなりません。

原発付近の地下水はもちろんのこと、
原発から遠い地域でも大量に飛散したことで
汚染が進んでいる場所も存在する可能性もあります。



また、これは盲点だと思いますがプラスチック容器だと
プラスチック成分が溶け出している可能性もあり、
身の回りの水容器のほとんどは不適切だともいえます。



・最低限やっておくべき水の対策



このように命を育むはずの水が危機的状況に陥っており、
悪くいえば毒液と化しているのが現状です。

よってなんらかの対策を講じることはとても大事なことですが、
こだわりすぎるとコストがかかって現実的ではなくなってしまいます。

そこで最低限行っておいてほしい対策は浄水器の導入です。

浄水器もピンからキリまでありますが、
塩素を除去するくらいなら数千円レベルで導入できます。


フィルターもそんなに高くないですから無理なく導入することが可能です。

住む地域やこだわり具合で性能を吟味すればいいと思います。
(中には一部の放射性物質を取り除くものもあるといいます)

シャワーをよく使う人はシャワー用の浄水器を導入したり、
湯船の場合はコストが高くつくので代わりに無農薬の柑橘類の皮や
備長炭を入れるなどできることはいろいろあります。



- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。