【サイト内検索】
スポンサードリンク

かぼちゃの種は育毛に役立つのか|DHTを抑制する成分がいろいろ?

ナッツ(種実)類は美味しい上に栄養価が高いなどの理由から
しばしば健康食品として取り上げられることが多いものです。

健康を維持・増進することは育毛を成功させる上で必須事項となるので
自然とナッツ類は髪にも良いと評価されています。

(トップテンオブシティというアメリカのサイトでも
ナッツ類が髪にいい食べ物ランキングで2位としているので、
その評価は日本のみならず世界規模にまで発展しています)

さて、今回はナッツの一種である
かぼちゃの種と育毛の関係について迫っていこうと思います。

一見かぼちゃの種というとマイナーな感じがするかもしれません。

ナッツというとアーモンドやカシューナッツ、マカダミアナッツなどが
主流となっている感がありますが、かぼちゃの種は地味に
育毛分野でけっこう期待されている食品のひとつとなっています。

その理由は5αリダクターゼ阻害作用があるからと言われてるからです。

5α(アルファ)リダクターゼはあなたもよくご存知かもしれませんが、
軽くおさらいをしておこうと思います。

脱毛症は様々な種類がありますが中でもAGA(男性型脱毛症)は
最も多くの方が発症する特徴があります。

それは誰の体内にも存在する男性ホルモンが
引き金(原因)となっているからにほかなりません。

男性ホルモンも健康維持には必要な物質となるのですが、
5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)という
活性度が高い男性ホルモンに換えられることがあります。

それが主因となって髪の成長が鈍化していってしまうのですが、
かぼちゃの種はDHTが作られるのを阻止する特徴があるといいます。


つまり5αリダクターゼの働きを抑制するということです。

そのメカニズムはAGA治療薬でおなじみのプロペシアの成分、
フィナステリドとほとんど同じだと考えられます。


・なんの成分がDHT抑制に効果を発揮しているのか

ここで問題となるのはかぼちゃの種の何の成分が
育毛に貢献してくれているのか、ということです。

かぼちゃの種も地味ながら認知度がそれなりにあることから
様々な情報源が存在しますが多くの場合、
単にかぼちゃの種、もしくはそのエキスが5α還元酵素の阻害に役立つとか
栄養価が高いとかひとまとめに言われていることが多いです。

これは研究があまり進んでいないことも関係してるかもしれませんが、
できるかぎり調べてみた感じではどうもリグナンや各種脂肪酸が
関係しているのではないかと思われます。



かぼちゃの種には5αリダクターゼ阻害作用をもった成分が多く含まれているので育毛(薄毛予防)に貢献してくれる可能性あり?



リグナンとは植物に含まれるポリフェノールの一種で、
女性のホルモンのエストロゲンと似た作用があることから
ホルモンバランスの安定などに良いと言われています。

脂肪酸はリノール酸やリノレン酸など健康維持に注目される
おなじみの成分のことでナッツ類は特に豊富な特徴があります。

脂肪酸は細胞の機能に欠かせない成分であり、
血管の健康にも関係するといったことがよく知られてますが、
地味に5αリダクターゼ阻害作用もあるとのこと。

そのようにホルモンと密接に関わる成分が多いことから
かぼちゃの種は育毛とも関連が深いと認知されたと思われます。

ちなみにドイツでは前立腺肥大症の治療薬として
かぼちゃの種とそのエキス(油)を用いてるそうなので
その信頼性はかなり高いと考えることもできます。
(前立腺肥大症もDHTが深く関係する病気です)

ただ気になるのはリグナンや各種脂肪酸は他のナッツ類にも
含まれているものなのでそれらが南瓜の種特有の成分ではないということ。


ウィキペディアによると肝臓でDHTを抑制する効果もあるとのことなので、
かぼちゃの種には他のナッツ類にはない未知の特性があるのかもしれません。


・最後に鉄則の確認:食べ過ぎは禁物です



一部の国で医薬品扱いされているほど有能なかぼちゃの種ですが、
当然のことながら食べ過ぎは良くないので気をつけましょう。

他のナッツと同じく脂肪分が多いことからカロリーが高く、
リノール酸ばかりに偏ることになってしまいます。

リノール酸は必須脂肪酸の一種ではあるのですが、
多くの食用油に多く含まれてるので今の日本人は
バランス悪く摂取している傾向があります。


有用な脂肪酸といえど摂り過ぎは血管が破れやすくなったり、
悪玉コレステロールが逆に増えるなどのことが起こりえます。

各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸(タンパク質)も
多く含まれているのは他のナッツと一緒で良いことなのですが、
どんなものでも過度の摂取は毒となりえます。

炭水化物もしっかり含まれているので
そういう意味でも1日に10粒程度にしたほうがいいかもしれません。


<他のナッツ類の考察記事一覧>

⇒アーモンド

⇒カシューナッツ

⇒くるみ

⇒ピスタチオ

⇒マカダミアナッツ

⇒かぼちゃの種(この記事)

⇒ヘーゼルナッツ

⇒ピーカンナッツ

⇒松の実

⇒ひまわりの種

⇒スイカの種

⇒栗(くり)

⇒銀杏の実(いちょうのみ)

⇒胡麻(ごま)

⇒ブラジルナッツ

⇒椎の実(しいのみ)

⇒ココナッツ

⇒ナッツ類の考察まとめ


<参考>

⇒トップテンオブシティが発表した髪にいい食べ物ランキング



- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。