【サイト内検索】
スポンサードリンク

ガンマオリザノールは副作用のリスクが低い|摂取量の目安はない

自律神経の病気や更年期障害の改善など
いろいろな健康効果があるガンマオリザノール。

IGF-1の増加やNF-kBの抑制効果もあるので
育毛的にもいいものだと思われます。


ガンマオリザノールの効能についてこちら



ではどのくらい摂取すればいいのかというと、
実は研究が進んでいないのかどうか不明ですが
摂取量の目安は決められていません。

サプリや米油ではこれで何mg摂れますよ
という表記がありますが明確には決まっていません。

でも参考になる数値はあります。

オリザ油化株式会社の
更年期障害に対する作用を調べた実験によると、

1日に5~10mgの投与で更年期指数が50%以上減少し、
自律神経失調症状が1日15~30mgの投与で
70~90%改善したなどの結果が出ています。






ということでガンマオリザノールは
少ない量でも効果を発揮する可能性がある
すばらしい物質だと思います。

ちなみにラットやマウスを使った実験で、
1kgあたり10000mgもの量を投与しても
とくに異常はみつからなかったとのこと。

さらにキロ当たり2000mgを
長期に渡って摂取させても発ガン性は出ず、

妊娠している個体に1kgあたり600mgを与えても
赤ちゃんに奇形は認められなかったそうです。



このことからガンマオリザノールは
極めて安全な成分だと思われるので
副作用の心配はほぼなさそうです。


しかしマウスやラットは人間と同じでないですし
大量に摂ったからといって
健康効果が比例して向上することにはなりません。


もちろんそれは髪にもいえることです。

あとたくさんとっても出費が増える上
カロリー摂取量が増えて別の問題がでてきます。


ということで通常は玄米を食べる程度でいいと思います。

玄米を100g食べると10mgほど摂取できます。


玄米が嫌ならガンマオリザノールを高濃度化した
米油を摂取したりサプリを飲むといいと思います。

油製品は三和油脂株式会社のコメーユや
千載一遇健康倶楽部の玄米オイルあたりが有名です。

サプリメントはソースナチュラルズなどの
海外製品がリーズナブルでいいですね。


- スポンサードリンク -


酸カテゴリに書いた記事アーカイブ

  1. ガンマオリザノールは副作用のリスクが低い|摂取量の目安はない
  2. 米に含まれる特有成分ガンマオリザノール|効能は育毛的にも注目
  3. ポリリン酸の育毛メカニズム|FGFを安定させ毛乳頭細胞を増やす
  4. 動物の唾液に含まれるシアル酸|IGF-1を増やすので育毛にも良い