グリシンと育毛の関連とは|コラーゲンに多く含まれる?

グリシンは非必須アミノ酸ですが、
核酸の合成やヘモグロビン、筋肉の収縮に必要な
クレアチンというエネルギー源になったり、

脳幹や脊椎に多く存在し
神経伝達物質としても働く重要な栄養素です。

睡眠の質や抗酸化にも役立っているので
必須といっても過言ではありません。

そしてコラーゲンの30%以上を占める成分でもあり、
育毛とも関係してそうな特徴もあります。

コラーゲンは美容関係で注目される成分ですが
髪の毛の強度などに関係があります。

もちろん皮膚の健康にも関係があるため、
色んな意味で注目の栄養素だと思われます。

それではもう少し深掘りしていこうと思います。


・グリシンの健康効果について


グリシンの健康効果をおさらいすると、
睡眠の質の向上、美肌効果、ヘモグロビン、
抗酸化あたりが注目かと考えられます。

睡眠不足は成長ホルモンの不足や
疲労が抜け切れない、解毒が進まないなど
髪にも悪いことばかりです。

美肌効果はコラーゲンに関することですね。

グリシンはコラーゲン中に30%以上
含有しているので肌のハリや弾力(コシ)に
重要だと言われています。

髪の毛の強度にも関係しているとわかってるので
なかなか意味深に感じるかもしれません。

ヘモグロビンは全身に酸素や栄養を運搬する
赤血球に含まれるタンパク質です。

髪の元もヘモグロビンによって
もたらされているので、
重要なのは言うまでもありません。

抗酸化は活性酸素を無毒化することで
過剰に発生すると細胞を傷つけ、
様々な病気の温床となるものです。

活性酸素は細胞を傷つけるものですので
髪の生育にも悪影響を及ぼすものです。


他にもセロトニンを増加させる作用があることから
うつ病の予防にも良いとされています。

精神状態が悪いと積極的な行動が取れなくなり、
育毛どころではなくなるので
セロトニンも育毛と関係なくはありません。



・グリシンに頼りたくなりましたか?



上記のように考察していくと
かなり健康にも髪にもよさげな感じがして、
サプリがほしくなるかもしれません。

睡眠の質を高めるなどの名目で
いろいろなものが出ているようですが、
基本を忘れてはいけません。

何かに頼る考え方から脱却し、
まずは食生活を改めることです。

他にも大事なことはいろいろありますが
一番体への影響が大きい食生活を
正さないことには何をしても無駄です。

そもそも何かを付け足すという考えから
脱却しないといけません。

グリシンでもなんでもそうですが、
ある特定のものを使えば解決するみたいな
考え方だとまずいのです。

現代の食べ物は毒まみれであることからも
食べる量を減らして解毒を促し、
その上で育毛に役立つことやものも
利用していかないといけません。

そうでないと良い事を付け足しても
悪いことが残ったままになって
相殺することになってしまいます。

また、グリシンに画期的といえるほどの
直接的な育毛効果があるという話も聞かないので
過度に期待するべきではないでしょう。

そして食べ物に関してですが、
他のアミノ酸と同じようにゼラチンや大豆たんぱく、
魚介類、肉類、小麦などに多く含まれ、
グリシンの場合はくるまえびに多いことが特徴です。

サプリではなく食べ物から栄養を摂るのは
生物として基本中の基本ですが、
常に質に気を配るのも忘れてはいけません。

牛乳を飲むのは論外であり、
魚介類や肉類は育てられ方に気をつけ、
他にも農薬や放射能なども意識する必要があります。

育毛とは健康を考えることですので、
一見関係ないと思えても真剣に取り組みましょう。

育毛剤やシャンプーといったものは
基礎が出来ていて役立つものになります。

グリシンカテゴリに書いた記事アーカイブ

  1. グリシンと育毛の関連とは|コラーゲンに多く含まれる?