シルクアミノ酸の全てが髪に良いとは限らない|悪質なものに注意

シルクアミノ酸は全20種類のアミノ酸のうち
18種類も含むとてもすばらしい成分です。

それでいて体内に吸収しやすい性質があるので
地球上に二つとないほど優れたものです。

アミノ酸は髪とも非常に深い関係にあります。

ただ髪の材料になるだけでなく、
髪を生やす体質作りを総合的にサポートしてくれます。

様々な生活習慣病の改善や予防、頭皮下の血流を良くする効果など
人間のみならず生物にとってなくてはならないものです。


アミノ酸は食事からでも摂取することができますが
現代人の乱れた食生活では十分に摂取できてない可能性があります。

また、個々のアミノ酸がサプリになってますが、
数が多くなると飲むこと自体も大変になります。

複数配合されたものでも吸収率はそこまで高くないので
シルクアミノ酸が最も適しているのです。


ただし、ひとつ注意点があります。

シルクアミノ酸といっても全てが良質とは限らないのです。


原料は蚕(カイコ)が吐き出す絹糸になりますが、
絹糸ならなんでもいいわけではないのです。

本来、本当に質がよいものは1年に1回しか生産できませんが、
時代の流れか儲け主義が横行しているのか
供給量を無理矢理上げている業者もいるそうです。

蚕は餌(桑の葉)を与え続ければ糸を吐き続けてくれます。

しかし、年に何回も吐き出されるものは質が悪く、
茶色がかった色をしているのです。


※良質な絹糸で作られた繭(まゆ)は純白です。



シルクアミノ酸はとても良質な成分ですが蚕の育て方により悪質なものになるので安すぎる商品には注意したほうがよいです



そういう偽物まがいの悪質なものでも
シルクアミノ酸と称して販売しているところもあります。

本来ならコストも手間もかかるので
あまり安価で提供できないものになります。

よってあんまり安いものは注意したほうがいいです。

おそらくそういう質が悪いものは与える餌も手抜きしている可能性が高いです。

絹糸の質は桑の葉の質にも左右されます。

人間だって栄養価がほとんどなく添加物だらけの
ファーストフード(ジャンクフード)ばかり食べていると
いずれ体のどこかに異常が現れやすくなります。

食べ物と言うのはそれほど重要なものなのです。


シルクアミノ酸だって質が悪ければ
栄養価も低いと考えられ摂取する意味が全然ありません。

よってどんなものでもそうですが、
値段を全ての基準にしてはいけないと思います。

良質なものを見分けるコツは、商品ページをみるだけでなく
その商品はどういう工程で作られ成分にどういうこだわりをもっているのか。

最近はサイト内に細かな情報を載せる企業が
多くなってきたのでその辺までしっかり紹介しているものがいいと思います。


商品ページしかなく健康に良いなどと
説明が端的にしかなく、やけに安いものは注意したほうがいいでしょう。



シルクアミノ酸カテゴリに書いた記事アーカイブ

  1. シルクアミノ酸の全てが髪に良いとは限らない|悪質なものに注意
  2. シルクアミノ酸は育毛に最適な成分の1つ|これほど良質なものはない