【サイト内検索】
スポンサードリンク

ビタミンB3(ナイアシン)が多い食品一覧|主に肉・魚介類

ナイアシン(ビタミンB3)は不足するとペラグラなど、
過剰摂取は糖尿病や肝機能障害などを誘発するので
いろんなものを食べて程よく摂りましょう。

参考としてナイアシンが
多めに含まれている食品を紹介します。

100g中の含有量(単位:mg)

<魚介類> 含有量
たらこ 50~60
鰹節 45
まぐろ 10~20
めんたいこ 20
かつお 20
煮干し 17
いわし 15
さば 15
まかじき 10
めざし 10
さんま 10
ツナ缶 10
さわら 10
ぶり 10
スモークサーモン
   
<肉類>  
豚レバー 14
焼豚 14
牛レバー 14
鶏ささみ 12
くじら 12
ビーフジャーキー 12
鶏むね 10
生ハム 10
かも 10
コンビーフ
その他の豚・牛・鶏肉 5前後
   
<野菜・海藻・豆類>  
らっかせい 17
バターピーナッツ 17
干ししいたけ 17
とうがらし 14
味付けのり 12
焼き海苔 12
わかめ 10
乾燥あおさ 10
舞茸 10
エリンギ
松茸
   
<その他>  
インスタント珈琲 50
ドライイースト 12



主に肉類と魚類に多い感じです。

特に魚介類は健康的に間違いないので
ちょくちょく食べたほうがいいですね。


1日の必要量はそんなに多くないので
日によってオーバーするかもしれませんが
その程度では全く問題ありません。

お酒が好きな人が多いので
どちらかというと不足の方に気をかけましょう。



<参考>

ナイアシン不足による症状

ナイアシン過剰症と1日の摂取量について


- スポンサードリンク -


ビタミンB3(ナイアシン)カテゴリに書いた記事アーカイブ

  1. ビタミンB3(ナイアシン)が多い食品一覧|主に肉・魚介類
  2. ナイアシン欠乏症はペラグラを引き起こす|症状は消化管の異常等
  3. ナイアシン(ビタミンb3)の過剰摂取|ひどくなると肝臓にも影響
  4. ナイアシン(ビタミンB3)の効果|血行促進や脂肪を減らすなど