スポンサードリンク

強力な育毛対策を可能とする個人輸入の基礎知識|通販との違いは?

育毛対策にはさまざまな方法があります。

薬をはじめサプリや育毛剤、生活習慣の改善など
シンプルでもやることはたくさんあります。

薄毛を治す最も基本的な対策は薬を使うことです。

薬といっても色々ありますが
基本はプロペシアとミノキシジルを用いることになります。

それで大事になってくるのが入手法に関してです。

プロペシアの場合は皮膚科か専門病院で、
ミノキシジルは薬局か通販で購入することになります。

でもそれらはあくまで基本的な入手法になります。

薄毛を1日でも早く、そして経済的に治したいのなら、
基本的な入手法では効率がかなりわるくなります。

効率を上げたいのなら個人輸入を利用することになります。

個人輸入とは簡単にいえば海外の品物を
国内へ個人的に持ち込むことを指します。

実は海外製品の方が安い上に育毛剤の性能もいいものが多いので
近年利用している方は大勢いらっしゃいます。

詳しくは後述しますが、プロペシアのジェネリック薬で大幅に節約できたり、
日本では考えられない配合成分の育毛剤を入手することができます。


今回は基礎的な内容からお送りいたします。

個人輸入のやり方は主に3種類があります。


1つ目は現地で買い物をしたものを持って帰る方法

2つ目は海外の通販サイトや
オークションサイトで買い物をし郵便で送ってもらう方法

3つ目は代行業者に注文してもらう方法、になります。



育毛対策として個人輸入をする場合は
基本的に3番目の手法をとることになります。

代行業者とは海外の育毛薬を売っている店へ
消費者の代わりに注文手続きを請け負うサービスを展開している会社のことです。

それによりややこしい外国語のページで
注文する必要がないのでふつうの通販を利用するのと
ほとんど変わらず手間もかかりません。



個人輸入は育毛する上で定番といえるくらいの対策となっており、通販と同じくらい手軽に利用できるものです



ちなみに代行業とか個人輸入は違法になるのでは?と
指摘する方も中におられますがそんなことはありません。

個人輸入代行業者は顧客から注文情報をサイト上で受け取り、
それを海外の販売店へ代わりに注文してくれるだけです。

つまり顧客は海外の販売店から直接買ったことと同じことになるのです。

要は代行業者は仲介者という位置づけなのです。

ちなみに日本未認可の医薬品を業者が仕入れ、
それを顧客に売ったり発送する行為は違法になります。

仕入れるということは日本国内で販売することになるので、
あくまで代行業とは注文を代わりにするだけなんですね。

そこが通販との大きな違いです。

大手の業者だとその点は徹底していると思いますが
中には守っていない悪徳業者も存在してるそうなので、
適当に代行業者を選ばないよう注意してください。

個人輸入についてそれぞれ詳しいことは
下記にかまとめているので参考にしてください。


・詐欺に合わないための基本対策

・安心できる個人輸入代行業者の6つのポイント(重要)

・ジェネリック医薬品の偽物はある?

・一度に輸入できる薬の量とは?

・個人輸入を行う頻度について

・関税がかかる可能性は?



- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。