【サイト内検索】
スポンサードリンク

プロペシアと子作りの関係|不安なら服用を1ヶ月以上中止する

フィナステリド(プロペシアの成分)は
男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を
抑制する効果があり大変注目される育毛薬です。

ところが副作用がいくつかあるので
注意しないといけない欠点があります。

その一つに胎児への悪影響があることから
子作りをする際に不安になる方は多いです。


少しおさらいすると、
男性ホルモンのDHTは
男性型脱毛症を発症・進行させてしまう
こまったホルモンなのですが・・・

DHTは男性外性器の細胞の分化、
つまり形作る際に必要なホルモンなので
胎児や幼少期にとってフィナステリドは
危険な医薬品として分類されてます。

フィナステリドは胎児危険度分類において
最もリスクが高いカテゴリーXに指定されているので
もし妊婦に処方したら奇形児が生まれる
危険性があるといわれています。


(未成年の男児だと発育障害が起こる可能性がある)


ですがそれはお子さんが出来てからの危険性なので
子供を作る際に影響はないと言われています。

プロペシアを飲んでいると精液にも
フィナステリドが混ざりますがとても微量であり、
受精時に影響があるのかは確認されていません。



しかし・・・

フィナステリドに関して全ての事象が
明らかになっているわけではないので
気をつけるに越したことはないでしょう。

あと世間的に大丈夫だと言われていても
いざ子作りをしようとしたときは
心理的に不安を拭い去ることは難しいと思います。

よって子作りと薄毛対策を両立したいときの解決策としては
まずプロペシアの服用を1ヶ月ほど中断しましょう。


なぜ1ヶ月かというと血中のフィナステリドは
1ヶ月ほどで消えるといわれてるからです。

不安だったらもう少し間をおいてもいいと思います。
そのあいだ性欲を発散したいときはしっかり避妊しましょう。

(子供への影響に関していうとミノキシジルはフィナステリドより
危険度が低いと思われますが不安ならそれも中止しましょう)

そして服用を中断しているときは
副作用がない(もしくは少ないといわれる)生薬を用います。


医薬品より効果は薄くなってしまいますが
少なくとも予防には繋がると思います。


胎児危険度分類の説明はこちら


プロペシアの他の副作用についてはこちら


- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。