【サイト内検索】
スポンサードリンク

運営者の自己紹介と理念 健全な髪を育て維持する考え方

当ブログの運営者(管理人)の自己紹介と
ブログを運営する基盤となる理念について
お伝えしていくページです。

自身も薄毛に悩んだ経験があり、
いろいろ知識もついてきたことをきっかけに
ブログを運営させていただいています。

自分だけでなく人の役に立つコンテンツを
発信し続けることを心がけております。




1・管理人の自己紹介と簡易経歴



当ブログをご訪問いただきありがとうございます(^^)

脱毛症ドットコム管理人の毛福(もうふく)です。

まずは軽く自己紹介をさせて頂きたいと思います。

私は日本ならどこにでもいるふつうの日本人男性で
現在はネット関連の仕事をしながら
情報発信をさせて頂いております。

年齢は2017年の時点では30代前半です。

このブログのテーマは見ての通り
脱毛症関連についてですが
文章を書こうと思ったキッカケは
管理人自身も薄毛の悩みを抱えたことです。

薄毛かもしれないと始めて自覚したのは10代の頃。

友達に軽く指摘されたことがきっかけでしたが
それはもう衝撃的なことでした…

まさか自分が…しかも学生の頃から!?と
とても受け入れられる出来事ではありませんでした。

当時は明らかに薄いわけではなく
帽子もかぶらず外出できるくらいだったので
そんなに深刻な状況ではなかったと思います。

それでも学生時代はいろんな人間と
嫌でも接しないといけなかったので
ちらほら人が傷つくようなことを
平気で言ってくる輩もいました。

それから社会人に近づくにつれて
本格的に薄毛まっしぐらという状況に…

運が良かったのは改善が難しいと言われる
M字ではなかったことですが
頭頂部でもやっかいなことはやっかいです。

(お金を)出せる範囲でプロペシアを飲み始め
一時期は改善に向かってるかと思いきや
フサフサになることはなかったですね…。


一応家族からは生えてきたと言われたことがあるので
気のせいではなかったと思います。

しかし費用面できつくなってきて
長く続けることができませんでした。

対抗先として安い育毛剤を使ったこともありますが
もちろん全く意味はなく頭頂部は無残にも
ほとんど無毛状態と化します。

20代前半にしてトレンディーエンジェルの
斉藤さんかそれ以上に薄くなっていましたね…。


2・薬があれば薄毛が治るという思い込み



社会人になれてもそのことばかりを考える毎日で
ある意味心休まる日はなかったと思います。

当時は売り手市場だったとはいえ、
就職できることは喜ばしいことではあったのですが
本当の意識はそこに向かっていなかった感じですね。

ちなみにサロンに通った経験もあります。
当然のことながら効果は皆無です。


そんなある日、個人輸入というものを知ります。

病院に行くよりずっとお得ということで
かなりテンションがあがったのですが
残念ながらそれでも回復しませんでした。

一時期はミノタブで髪が丈夫になったという
実感はありましたが劇的に改善するには
全く至りませんでした。

これはさすがにおかしいと思って
薄毛について本腰を入れて勉強を始めてみました。

勉強する前は薬を飲んでさえすれば
オールOK!と甘い考えに囚われてました…



主に本とネットを駆使して色々調べていくと、
いろんなことがわかってきました。

良いことも悪いことも含めてですね。

どちらかというと
悪いことのほうが印象深いですが…。

詳しくはおいおいご説明するとして、
この知識は役に立てないと勿体無いという
意識が少しずつ芽生えてきました。

それでこのブログを立ち上げて
対策を続けながら今日に至ります。


3・当ブログを運営する上での理念(ポリシー)



当ブログのネット上の住所であるドメインは
datumousyou.comということで
脱毛症に関してお伝えしていく場所です。

と言っても適当に記事を書くことは
しないようにしています。

というのも、どんな業界でも同じですが
少なからずヤマシイ部分はあるものです。

ある画期的な治療法や育毛成分が
発見されたとします。

薄毛に悩む人にとって
初めてそんな情報に触れたときは
心躍るような出来事になると思います。

でも、それがもし悪意のあるものだとしたら?
そこまで行かなくてもメリットばかり強調され
デメリットが意図的に隠されてたとしたら?

そういうことは十分ありえると思います。


物事は必ず美点と欠点がセットになってるものです。


そのどちらも冷静になって考えるのが大事ですし
発信者はそのことを特に意識しないと
いけないと思っています。

そのような考えを念頭に置いておかないと
人に役立つコンテンツは出来ないとも思っています。


どちらかに偏るのではなく
中立の立場になって情報発信すること。

良いことばかりでなく問題点にもしっかり切込み
人々の役に立つコンテンツを作り上げること。



その2つがこのブログの理念(軸)になります。


更新履歴
2017年1月25日 ページ作成
2017年2月28日 目次の追加

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。