スポンサードリンク

前頭部の薄毛が治りにくい理由は男性ホルモンと皮膚の硬さにある

脱毛症はAGA(男性型脱毛症)である場合が
ほとんどなので薄くなる部位は大体限定されます。

それが頭頂部か前頭部です。
もしくは両方が混在する場合もあります。

厄介なのは前頭部の脱毛です。

前頭部がどこからどこまでという
明確な基準はありませんが、
頭のてっぺんより前側の方だと
思ってもらえればいいと思います。

なぜ前頭部のほうが厄介かと言うと
頭頂部より治りにくい特徴があるからです。

いろいろ対策してもおでこ正面の生え際や
両サイド(もしくは片方)の生え際(角額、M字とも言う)は
後退するばかり、維持に留まるという声を
一度は聞いたことがあると思います。


それは男性ホルモン(酵素)と皮膚に原因があります。


男性型脱毛症はDHTという男性ホルモンにより発現し、
DHTは5α-リダクターゼという還元酵素により生まれます。

その還元酵素は1型と2型がありますが、
2型のそれのほうがより強力なDHTを生み出すとされています。

2型は体のごく限られた部分にしか存在しませんが
その一つに前頭部が含まれているのです。

遺伝により男性ホルモンの感受性が人それぞれ差異があるものの、

頭頂部より男性ホルモンの影響が強いと考えられ、
フィナステリド(還元酵素の働きを抑制する医薬成分)を用いたとしても
その抑制効果を上回っている可能性が考えられるのです。




そして前頭部は脂でベトベトしたり
皮膚が赤くなる人が割と多いと思いますが、
DHTに皮脂の分泌を促進させる働きがあるため、
それが原因の一つだと推測できます。

赤いということは炎症が起きている証拠です。


あと前頭部の薄毛が進行する人は30代辺りから多くなり、
皮膚がとても硬いという特徴もあります。

正確には皮膚のすぐ下に位置する
帽状腱膜という丈夫な繊維組織が萎縮して硬くなるのです。

それはつまり血液の通り道が閉ざされた状態で、
毛根に栄養も酸素も供給できない深刻な事態なのです。


よって前頭部は頭頂部よりも
強力なダブルパンチを受ける場所と言えます。


参考関連記事

AGAのメカニズム

5αリダクターゼの分泌と遺伝

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。