【サイト内検索】
スポンサードリンク

育毛対策において生活改善が極めて重要な理由●動脈吻合の恐ろしさ

生活改善は薄毛を治す上で最も基本的な対策である
前回はお伝えしました。

今回はなぜ大事なのかをもう少し踏み込んでお話します。

育毛対策といったらシャンプーをしたり
育毛剤を塗ったりサプリメントを飲むことが全て
と思ってる方は特に目を見開いてご覧頂きたいです。



生活改善とは健全な生活習慣を送るよう努めることですが
今ではいろんなジャンルで言われるようになったので、
例えばダイエットや美容・重病予防などですね、
だいぶ世の中に重要性が浸透してきたと思います。

やるやらないは別としてそれは良い傾向です。

でもこれからするお話をあなたがお聞きしたら
生活習慣は手抜きできなくなると思います。


結論から申しますと、私生活を乱していたら最悪、
毛根が死ぬ可能性が出てくるのです。

毛根組織は死んでしまうと二度と再生しません。

つまりその部分からは二度と髪が生えてこなくなります。


毛髪のことを中国では昔、
血餘(けつよ)といわれてたことをご存知でしょうか?

それは髪の毛は血の余りであるということを指しています。

髪は生命を維持するのに全くではないですが
必要性が低いものとプログラムされているので
栄養素が送られるのは体組織の中で最も後なのです。

つまり、日々体に負担をかける生活習慣を送ってると
体は痛んだ細胞の修復にばかり力を注ぐことになり
育毛をする「余裕」が消えうせてしまうのです。



悪い生活習慣を送っていると動脈吻合が起こり髪にまで栄養が行き渡らなくなる危険性があるので健康を意識することは育毛に直結するとても重要なことになります



現代人は体に負担をかけることばかりしています。

食の欧米化により脂肪分が多い食品や
血糖値が上がりやすい食品の摂取が日常化し、
添加物が多いファストフード(ジャンクフード)や
弁当・加工品を連日のように食しています。

電気系統が発達したことで昼も夜も関係なくなり
交感神経が働く機会が増えて体を休める時間が大幅に短縮し
成長ホルモンの分泌量が減る一方。

ストレス発散を理由に食べすぎ飲みすぎ
喫煙を繰り返し体はどんどん老化しやすくなってます。


そんな生活習慣を送っていたら
ほぼ確実に将来何らかのつけがまわってきます。



そして頭皮にも恐ろしいことが起こります。

各臓器や細胞は当然のことながら血液から栄養と酸素をもらい日々活動しています。

不摂生な生活習慣を送っていると
体は大切な器官を優先して血液を送りたがるようになり
必要性の低い部分の血管をなくしてしまうのです。

それを専門用語で動脈吻合(どうみゃくふんごう)といいます。

必要性の低い部分・・・といったらもうお分かりですね?

そう、毛髪です。

特に前頭部は血管が少なく細いものばかりなので
影響を一番受ける箇所といっていいでしょう。

血管がなければ血液が届かなくなり当然組織は死滅します。

死滅までいかなくても髪の成長速度に
多大な悪影響を及ぼすことは明確です。

そんな状態ではどんなに男性ホルモンを抑制しても
どんなに血行を促進する薬を塗ったとしても意味がないのです。


生活改善がいかに大切かがお分かりいただけたでしょうか?

これを機に自分がどんな生活を送っていたのか改めて確認し
悪いところがすぐに是正することをオススメします。



- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。