【サイト内検索】
スポンサードリンク

住宅の建材などに使われる化学物質は不健康を促す毒物である

薄毛の解消には体を健康にすることが必要不可欠ですが、
それを脅かす毒がとても身近に存在するのが現代社会です。

食べ物や水をはじめ空気の汚染、
電子機器から出る電磁波などありとあらゆるところに毒があります。

そして住宅そのものにも毒物が含まれている有り様です。

今回は近年の住まい状況に関する問題点を探っていこうと思います。


時間が経つにつれ様々な技術が発達していますが、
それと同時にデメリットも大きくなっているのは事実です。

建築技術もその典型例であり、
木造から鉄筋コンクリート住宅が主流となり、
一見するとスタイリッシュかつ頑丈で利便性が高く
とても素晴らしいものばかりに感じるかもしれません。

しかし、近年の住宅に使われる建材は化学物質漬け状態であり、
シックハウス症候群なる新しい病気が出現してしまいました。

その疾患名は有名なのであなたも聞いたことがあると思います。

代表的な化学物質であるホルムアルデヒドは、
防菌・防腐・防かび・接着などの目的で使用されてますが、
めまい、手足の冷え、頭痛、不整脈、筋力低下、関節痛、
免疫障害、抑うつ、視力低下、下痢・便秘など
さまざまな症状を引き起こすと言われています。


他にも建材にはトルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、
エチルベンゼン、スチレン、クロルピリホス、テトラデカンなどなど
数多くの化学物質が使用されているので
あらゆる不快症状を引き起こしても不思議ではありません。

それらの化学物質には揮発性のものが多い、
つまり液体から気体になる性質を持ってるものが多いので
シックハウスとは空気の汚染の一種で非常にやっかいな問題なのです。

気温が上がるにつれて揮発性は高まるので特に夏は要注意な季節となります。

一度アレルギー症状に陥ると多くの化学物質に敏感となり、
日常生活を送ること自体が困難になることもあります。

薄毛と直接的な関係はなくても健康を害するものは
すべて薄毛と間接的に関係すると思っておいたほうがいいでしょう。


ちなみに化学物質により生じる疾患を総じて
化学物質過敏症といいますが、それは住宅建材以外にも
家具や車、ビルなどの公共の建物が原因になることもあります。


最も基本的な拠点となる住宅ですら空気汚染が深刻な現代。安全な建材を使った家や家具を選択したり換気をしっかり行うことが大切です。


・シックハウス症候群の対策の基本は換気


シックハウス症候群は社会問題となったため、
ある程度規制が設けられたりしていますが
それを鵜呑みにせず安全性を追求してほしいと思います。

新しく家を建てる際は鉄筋コンクリート製ではなく木造にしたり、
安全性をしっかり謳う建築業者を選択することが大切です。

育毛商品と同じように有名などの短絡的な理由で選ばないようにします。
77
JAS、JIS規格があるか、アルデヒド系建材の使用の有無など
調べればちゃんと確認することができます。

ちなみに木造のほうが鉄筋コンクリートより地震や火事に強く、
体温を下げる悪影響などもないので非常に優れた住宅となります。


同時に電磁波対策もすればかなり快適な空間となるでしょう。


単なる引っ越しでも駅チカなどの利便性ばかり見るのではなく
健康面も考慮してほしいと思います。

住まいがいきなり変えれない場合は換気をしっかり行います。

化学物質の中には揮発性有機化合物(VOC)というものがあり、
文字通り液体から気体となって空気を汚すものですので換気は重要です。

明確な基準はありませんが気になるなら30分に1度は換気をし、
暑い時期は窓を常に開けておいたほうがよいでしょう。

最近はエアコンにも空気清浄機能がついてるものもありますが
そればかりに頼ると電気代がかさんだり、
フィルターの汚れを助長させるばかりですので
アナログ的な対策は色んな意味で重要だと思います。



- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。