【サイト内検索】
スポンサードリンク

リンスインシャンプーの欠点|はげたりお互いの効果を薄める可能性が...

シャンプーにリンス成分が配合された
リンスインシャンプーがあります。

それは安くて手間も省けるということで
一時期けっこう話題になったシャンプーです。

いまだに愛用している人も多いと思います。

しかし、デメリットが大きいので注意しないといけません。


そもそもシャンプーとリンスは分けて使うもの。
そして役割も全く異なります。

シャンプーは髪と頭皮を洗浄するもので
リンスは髪をコーティングして保護するものです。

頭皮に余計な油分を与えないように
リンスは髪のみにつけることが鉄則ですが
リンスインシャンプーだとそれができず
毛穴に余計な油分を与えることになるのです。

リンスインシャンプーを使うとはげる、
という噂が囁かれていますが
あながち関係なくもない事だと思います。



そしてお互いの効果を弱めてるという指摘もあります。

シャンプー成分の大半はマイナスの電気を帯びており、
髪も塗れるとマイナスの電気を帯びます。

その反発力で汚れを落とす効果がありますが
リンスは髪に付着するようにプラスの電気を帯びています。

よってお互いの効果を打ち消しあって
本来の力を発揮できないということになるのです。


シャンプーとリンスが結合しにくいように
両性界面活性剤をいれて工夫はされてると思いますが
リンスを分けて使うときより効果が薄いと感じる人もいるので
デメリットを消すことは難しそうに思えます。


時間がないなどの時はいいと思いますが
そもそもリンスをしたからといって
育毛に繋がるわけではありません。


脱毛症の克服に本気で取り組むなら
多少高くてもリンスが必要ない洗い上がりなうえ
安全なアミノ酸シャンプーを使うべきですね。

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。