遺伝子組み換え食品という名の毒|健康の為には避けるのが一番!

スポンサーリンク

とても身近に存在し危険性が未知数な恐ろしい代物。

それが遺伝子組み換え食品です。

一時期大豆やとうもろこしで話題になったので
その言葉を知っている方は多いと思います。

遺伝子組み換え食品とはその名の通り、
食品の原料となる作物の遺伝子を人工的に組み替えて
人間の都合の良いように作り変えられたものです。

例えば農薬散布の手間を省くために毒素が予め含まれたものだったり、

一部の除草剤に強い耐性を獲得させたり、

収穫量を多くしたり、甘さを強めたり、
加工しやすくするといったことがされています。

それらを見ると利便性が高く感じるので
メリットが大きいと錯覚してしまいがちですが、
デメリット部分をしっかり考える必要があります。

・遺伝子組み換え食品の知られざる毒性とは?

遺伝子組み換え食品はGMO食品ともいいます。

GMO食品は害虫に対抗するため
BT毒素と言われる成分が組み込まれていて、
それにより虫食いを予防することができます。

農家は殺虫と除草の作業が一番大変だそうなので
それらの作業を省けると喜ばれるのですが、
消費者にとってはなんのプラスにもなりません。

農薬だと多少染みこんでしまいますが
洗浄液などで洗い流す対策が取れます。

しかし、遺伝子組み換え食品は初めからBT毒素が
組み込まれているわけですからいくら洗っても取り除けません。

よって必然的に我々人間もBT毒素を口に運ぶことになります。

BT毒素により腫瘍(ガン)、アレルギー、不妊が
主に発現する可能性があると指摘されていて、
すでにラットの実験で顔よりも大きい巨大な腫瘍が出来たり、
綿農家の間でアレルギーが多発するなどの事例が多く報告されています。

遺伝子組み換え食品は人間にも毒であることは間違いないと思っておいたほうがよいでしょう。健康を意識することは育毛にも繋がります。

日本はとうもろこしと大豆をはじめ菜種やじゃがいも、綿、
てん菜(砂糖の原料)などを多く輸入しているGMO大国でもあるので
多くの病気を生み出している原因と考えられます。

他にも倍の速度で成長する鮭や腐る成分の精製を遮断した
腐りにくい不自然なトマト、サソリの遺伝子を組み込んだキャベツ、
羽のなかったり足が6本ある鶏など、人間はやりたい放題です。

それら全てが市場に出回ってはいませんが、今後どうなるかは未知数です。

そのような不自然極まりない食べ物で健康を享受することができるのか。

まともな考えをお持ちの方ならそれはありえないと思うはずです。

健康を害することは髪を害することになります。

ガンになったり免疫がめちゃくちゃになるようなものを食べて
果たして育毛に繋がるのか。その点を考えてみる必要があると思います。

・自分の身は自分で守るのが原則

他の毒物でも同じことが言えますが、
影響がすぐに現れないことがある意味一番やっかいなのです。

トリプトファン事件のように死亡者が多く出ない限り、
企業側は安全性を強調するだけです。

GMOの脅威から身を守るためには何かに頼るのではなく、
自分自身で考え行動するしかありません。

基本中の基本は少食を徹底し、
成分表示を見る癖をつけてなるべく毒が少なそうなものを選ぶこと。

少食とは1日3食をやめて1日2食以下にすることを指します。

それにより毒の摂取絶対量を減らすことに繋がると同時に
解毒(デトックス)を進めることにも繋がります。

成分表示はいろいろからくりがあるので
その場で完璧な取捨選択をするのはほぼ不可能ですが
意識して選ぶことはとても大事だと思います。

意識することで添加物の量も減らすことができますし、
国産農家を応援することにも繋がると思うからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存