Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/dekk6x/datumousyou.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848
エルゴチオネインを非常に多く含むコプリーノというキノコとは?

エルゴチオネインを非常に多く含むコプリーノというキノコとは?

シェアする

スポンサーリンク

今回は参考としてエルゴチオネインを多く含む
キノコについてお伝えしようと思います。

少しおさらいすると、
エルゴチオネインとはアミノ酸の一種で
健康的に非常に優れた効能を有する物質です。

抗酸化力はビタミンEの7000倍という驚異的な数値を叩き出し
ミトコンドリアを活性酸素から強力保護することができ
細胞の活動を活発化することができます。

髪も細胞から作られるものなので
抗酸化は育毛的にも非常に重要な意味を成します。

さらに髪を太くしたり脱毛酵素を抑制する効果もあり
まさに天然の育毛成分といってもいいくらいです。

⇒エルゴチオネインの効能についてはこちらの記事にまとめてます

さて、そんな優れたエルゴチオネインですが
一部の育毛剤を使用するのもいいですが
直接口から食すことも良い選択肢になると思います。

しかし、エルゴチオネインは一部の細菌か
キノコしか合成できない非常に希少な成分です。

一応一般的に流通しているシイタケやエリンギなど
ほとんどのキノコに含まれてはいるのですが
含有量に大きな開きがある特徴あります。

中でもダントツで多いのがコプリーノという茸です。

コプリーノは日本を含め温帯地域に広く分布するキノコで
和名はササクレヒトヨタケといいます。

蚕の繭のような傘の形をした真っ白いキノコで
傘の部分がささくれているような感じで、
一晩で大きくなるほど成長が早いことから
その名がついたといわれています。

成長が早い分、形を保っているのは
わずか数日であり幻のキノコという異名をもち、
ヨーロッパでは高級食材として珍重されています。

エルゴチオネインはコプリーノに多く含まれていますが他のきのこにも含まれているので産地に気をつけていろいろ食べましょう

ではエルゴチオネインの含有量ですが
1グラム(乾燥粉末)あたり約9.5mgです。

シイタケは1グラムあたり0.4mgほどなのでその差は歴然です。

コプリーノにつぐタモギタケでも6mgほどですから
その多さにうなずけると思います。

よってコプリーノは地球上で最も多くの
エルゴチオネインを含んだものといわれています。

参考:各キノコのエルゴチオネイン含有量
(いずれも1グラム当たり:単位はmg)
コプリーノ 9.5
タモギタケ 6.0
オオイチョウタケ 2.1
ヒラタケ 2.0
ヤナギマツタケ 1.8
エリンギ 1.8
マイタケ 1.5
サウーバ 1.2
ヒメマツタケ 1.0
ナメコ 0.8
シイタケ 0.4
アンニンコウ 0.4
アガリクス 0.2

※あくまで目安(参考値)です

ただコプリーノは100グラムで3000~4000円くらいもするので
毎日食べることはちょっと厳しいかもしれません。

2位のタモギタケも人気があり売切れてることも。

けれどもキノコ類は全般的に体にいい食品ですので
エルゴチオネインの含有量を基準にせず
積極的に食べてほしい食材の一つです。