【サイト内検索】
スポンサードリンク

フィトステロールの育毛メカニズム|DHTと受容体の結合を防ぐ

薄毛というとほとんどの場合は男性型脱毛症を指します。

AGAは男性ホルモンが原因の脱毛症ですが、
男性ホルモンは誰の体にも存在する物質です。

そのため誰にでもいつ牙を向いてもおかしくはなく、
人類は常にその脅威に晒されているともいえます。

それは女性も例外ではありません。

女性の薄毛原因は不明と言われることが多いですが、
最近は女性も男性ホルモンが主原因ではないかと
言われ始めるようになってきました。

女性の場合は男性ホルモンの分泌量は少ないですが
加齢や日々のストレス・生活習慣の悪さが影響して
ホルモンバランスを崩すことにより起こる
FAGAが一番多いのではないかと思われています。

ということで人間と薄毛とホルモンと密接に関わっているため、
その点は絶対に無視できないことです。

つまり男女を問わず薄毛を治すには
男性ホルモンの抑制が絶対に不可欠な要素となります。

そこで役立つと思われる成分の一つがフィトステロールです。


フィトステロールは植物に含まれる化合物で
体に絶対必要ではないがなんらかの健康作用があるとされる
フィトケミカルというものの1つに数えられます。

それはどんな効能があるのかというと、
男性ホルモンをブロックする働きがあるのです。

AGAを引き起こすのはジヒドロテストステロンです。

それはテストステロンという男性ホルモンが、
5αリダクターゼという酵素と結合することで
生まれる有名な物質でよくDHTと略して表現されます。



フィトステロールはジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合するのを防ぐ効果があるといわれる成分で女性の薄毛対策として注目されている



男性ホルモンをブロックするという作用は主に2種類があります。

1つは5αリダクターゼの働きを抑制して
DHTそのものの生成を減少させることです。

その作用はプロペシアに含まれるフィナステリドという医薬品の作用になります。

そしてもうひとつは、DHTがその作用を発揮することを防ぐというもの。

ホルモンというものは細胞内に存在する
受容体という組織と結合することで初めて効果を発揮します。

毛乳頭細胞(髪の一番根っこにある細胞)には
男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)があり、
それとDHTがくっつくことで髪の毛を成長を
鈍化させてしまう命令を発してしまうのです。

フィトステロールはDHTが男性ホルモン受容体と
結合することを阻止する効能があるのです。


お先に鍵穴に入り込んでくっつくのを邪魔するんですね。

ということでフィトステロールも
AGAの根本的な対策の一つになると考えられます。

フィナステリドと比較してどちらの方が効果的なのか、
臨床試験や比較試験があるわけではないので
明言することはできませんが、作用は異なるので
お互いに効果を打ち消す可能性は低いと考えられます。

むしろ同時に使用することで相乗効果が生まれる可能性があります。

フィトステロールは一部の育毛剤に応用されてるので
興味がある方は使ってみてはいかがだろうか。



- スポンサードリンク -

髪と栄養素カテゴリに書いた記事アーカイブ

  1. フィトステロールの育毛メカニズム|DHTと受容体の結合を防ぐ
  2. イソフラボンとカプサイシンの同時摂取が育毛に効果的な理由