Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/dekk6x/datumousyou.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848
カビの増殖により脂漏性皮膚炎や粃糠性脱毛症を引き起こす

カビの増殖により脂漏性皮膚炎や粃糠性脱毛症を引き起こす

シェアする

スポンサーリンク

頭皮を不潔にしていることで起こる脱毛症もあります。
それは粃糠性脱毛症といいフケが多く出ることが特徴です。

不潔なイメージが強いことからフケ自体が
原因かと思われるかもしれませんがそうではありません。

フケというものは不要になった皮膚の細胞(角質)や
髪の毛の表面が剥がれ落ちたもので健康な人にも出るものです。

細胞は常に古いものから新しいものへと
入れ替わる新陳代謝という機能が働いています。

別名をターンオーバーといい、
約28日周期でそれを繰り返しているのです。

問題はフケが多くなる要因にあります。

頭皮には真菌といわれるカビが数多く生息しています。
それらは常在菌の一種なので普段は体に害となる
細菌から守ってくれるありがたい存在です。

マラセチア真菌やフルフルといったものが有名ですが
その菌達は皮脂を食べて生きています。

ところが不規則な生活などで皮脂分泌が過剰になると
真菌が増えすぎてしまい皮膚が炎症を起こしてしまいます。

その結果軽い脂漏性皮膚炎を起こしたり
フケ症になったりして毛穴にべったりとした
フケが多く溜まってしまい抜け毛が発生するのです。

フケは原因ではなく危険信号というわけです

多少フケが増えた程度では問題ないですが
明らかに量が増えたり粒が大きかったりしたら注意が必要です。

痒みも伴ってきますので爪でかいて皮膚を傷つけて
炎症が悪化する恐れもあります。

フケが大量に増えることで起こる
脱毛症を粃糠性(ひこうせい)脱毛症といいます。

生活習慣というのはとても大事なことなのです。

しかしカビが増殖した状態でただふつうのシャンプーをしても
粃糠性脱毛症は治らないので適切な処置が必要です。