Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/dekk6x/datumousyou.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848
瘢痕性脱毛症は軽度だと治るが重度だと治らない恐ろしいもの

瘢痕性脱毛症は軽度だと治るが重度だと治らない恐ろしいもの

シェアする

スポンサーリンク

牽引性脱毛症と並んで物理的な理由で
起こるのが瘢痕性(はんこんせい)脱毛症です。

この脱毛症は怪我や火傷などで
毛包(毛の根元部分)が損傷を受けることで起きます。

見た目は円形脱毛症と似ています。

またX線治療やエリテマトーデス(※)、
扁平苔癬(へんぺいたいせん:※)などの皮膚疾患、
細菌による炎症でも起こりえます。

※エリテマトーデスは毛細血管が拡張して
皮膚表面に赤い発疹ができる皮膚炎
感染症やアレルギー、毛を抜くなど原因は数多くあります

※扁平苔癬は赤紫色で平らに盛り上がる皮膚炎で
リンパ球が皮膚の細胞を攻撃することで
起こるといわれてますがハッキリした原因は不明

そして瘢痕とは簡単にいうと傷跡のことですが
赤く盛り上がる異常なものや周辺の皮膚組織に
広がるケロイドまでいろんな種類があります。


いずれの原因も確率的は低そうですが
傷がつくことは割りと起こりがちなことなので
特に交通事故は注意しないといけないですね。

そして瘢痕性脱毛症の恐ろしいところは
重度の場合だとその部分から
発毛することがなくなってしまうことです。

毛母細胞や細胞の元となる幹細胞がなくなってしまうのです・・・。
(軽度の場合は一般的に3~6ヶ月ほどで自然と生えてきます)

ケロイドのように患部が広がる可能性もあるので
なかなか治らない場合は皮膚科に行くことをお勧めします。

今のところ効果的な治療法がないのが残念ですが
手術で患部周辺の皮膚をよせて目立たなくすることはできます。
(しかし患部の広さにより限界はありますが)

日々頭に傷がつかないようにすることと、
清潔にすることがとりあえずできる予防策だと思います。