【サイト内検索】
スポンサードリンク

髪が生えた人はたくさんいます|生えない人との決定的な違いとは?

薄毛に悩む人は日本だけでも2000万人ほども
いるといわれており5~6人に1人の割合です。(男女含め)

その中で髪が生えたと喜んでいる人がいる一方で
全く生えないと絶望している人もいます。

抜け毛が減らないとか生え際の後退が止まらないとか
産毛が太くならないとか細かく分けるといろ~んな悩みが出てくるものですが、

シンプルに区分けすると生えたか生えないかの2パターンに分けられるわけです。

誰もが前者を望みますがほとんどは後者になってしまっています。

あまりに治らない人が多いことから
本当に髪が生えた人はいるのかと疑いたくもなると思いますが
実際に成功を収めて人生が変わったという体験談が
ネットの発達でかなり見かけるようになりました。

ここでいう体験談とは特定の商品のレビューとかではなく、
実際にブログなどの自分専用の媒体を立ち上げて
これまでの経緯を伝えているなどの質の高い情報源のことです。


それでも信じる信じないは人によって異なると思いますが、
とりあえず育毛のことはかなりわかってきてることは事実です。

しかし、今現在もお金持ちと同様に人生を取り戻した人は極々一握りとなっています。

薬や手術などいろいろ治療法が確立されてきたのに
患者がいっこうに減らないのは世間でよくいわれる病気と一緒です。



薄毛を克服できた人とそうでない人との違いは正しい情報を見つけ素直に実践し続けたかそうでないかである



医学が発達したことが寿命を伸ばすことに大きく貢献しているとは思いますが、
健康寿命が伸びているかといったらそうではありません。

むしろ生活習慣病に悩む人が増えてる始末です。

AGAに関しては遺伝が大きく関わるため昔からそんなに変動はしていませんが、
「薄毛人口」は増えていると言われます。

それは生活習慣の乱れが現れてる証拠のひとつだと思います。

最近はブログなどで自分はこのようにして改善した、
などとノウハウを公開する人も多いですが、
そういう人たちに共通していると思われるのは
生活習慣を見なおしているということです。

逆に治らないと何年も悩んでいる人はモノに頼る傾向にあると思われます。

つまり薬やサプリ、シャンプーなどなど何かを使えば治るという発想になっているのです。

そういうものを使うのはたしかに大事なのですが、
髪は体が育てるものですからグッズ類はあくまでサポート役にしか過ぎないのです。

それは薬とて同じことです。

髪が生える(生えやすい)体質を生活習慣を改善して
作り上げ維持していかないと薬をいくら使っても改善しない可能性が高くなります。

つまり髪が生える人と生えない人の決定的な違いとは
モノに頼っているか頼っていないかだといえるわけです。


何々を使ってるけど一向に改善が見られない方は、
今一度生活習慣を見直すことをおすすめします。

育毛も世の中のあらゆる物事と同様に裏技は存在しないので
マンガなどに出てくるようなの様なグッズはないのでご注意ください。



- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。