【サイト内検索】
スポンサードリンク

石鹸シャンプー3つのメリット|頭皮と環境に優しく比較的安価

シャンプーを大別すると石油系・石鹸系・アミノ酸系の3つがあります。

石油系は健康に悪いと聞くから替えたいと思うけど
石鹸シャンプーでどうだろう?と考えてる人は多いと思います。

今回は石鹸系シャンプーのメリットについてお伝えします。


そのシャンプーは文字通り石けんを洗浄剤としたもの。

石けんは動物や植物の油を苛性ソーダと
反応させて作られる界面活性剤の一種です。

原料が天然成分なので安全性が高いのが一番のメリットです。

数的に一番多い石油シャンプーでよく不安視されることに経皮毒があります。

石油系の合成界面活性剤はタンパク質と強く結びついて
壊すというタンパク質変性というやっかいな性質があります。

浸透性も高いので血液や内蔵へのダメージが蓄積したり
体外へ排泄されにくいという特徴もあります。

何かの手術で体を切り開いた際、
シャンプーのにおいがするという話がありますが
それこそ経皮毒を物語る話といえます。

石けんの原料は石油ではないのでその点を心配する必要がありません。

また、独特の安心感もあるかと思われます。

石けんは非常に身近な存在であり
古く(江戸時代)から作られている実績あるので信頼度はとても高いといえます。


石鹸シャンプーは石油系シャンプーと比べれば頭皮や環境には良いといえる



次に環境にも優しいというメリットがあります。

頭に残ると髪がキシキシしたり頭皮の炎症の原因にもなる
やっかいな石けんカスも元は天然成分なので
生分解性が高い特長があります。

せっけんカスは微生物の栄養源となるので
石油系合成界面活性剤と違って環境破壊に繋がりません。

環境を保護するということは人間社会を守ることになり
個々の体の健康状態・髪質にもやがて関係してくると思います。

通常は環境より自分の体のことしか考えないかもしれませんが
無視できないとても重要なことなのです。

安いからといって質の悪い大衆シャンプーを使い続けると
最終的に自分に返ってくるということですね。



また、価格が比較的安価というポイントもあります。

石油系よりは少し割高になりますが
アミノ酸系よりはかなり安い特長があるので
節約と安全性を両立したいときには便利なグッズです。

値段はまちまちですが安いものだと700円台で買うことができます。

アミノ酸系は安くても2000円ほどしますので
単純計算で3倍かそれ以上の差があります。



注意していただきたいのは、
今回お伝えしたメリットは一般的なことなので
全ての石鹸シャンプーが絶対安全とは限りません。

これはアミノ酸シャンプーでもいえることですが
ちゃっかり石油系成分や余計な着色料などを
含んでいるものもある可能性があるので
選ぶ際は成分をしっかりチェックしておきましょう。


- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。