星状神経節ブロックは難しく根拠も薄いので脱毛治療には行わないべき

スポンサーリンク

交感神経の働きを麻酔で抑制することで
痛みの原因を取り払う治療法があります。

それが星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロックです。
(Satellite Ganglion Block:通称SGB)

星状神経節とは首の付け根あたりにあり
顔や首、腕、胸、心臓、肺などを支配する
重要な神経の一つです。

円形脱毛症は自律神経系の異常も
一因といわれているのでその治療法が有効では?
という風になったと思われます。

また、SGBによってリンパ球の
過剰な活性化が抑えれるようなので
他のアレルギー疾患にも行われています。

しかしSGBは技術的に難易度が高く
熟練の医師でもかなり難しいようです。

一般的に注射を用いますが
星状神経節と肺が隣接しているため
気胸を起こす可能性が高いとの事。

(気胸とは空気が肺を圧迫して
外気を取り込むことがしづらくなる病気)

そして何より根拠が薄いことが気になります。

今のところ2件の非ランダム化比較試験で
脱毛範囲が縮小したという結果が出ているが
たったの2件なので根拠が乏しいのが現状です。

(ランダム化比較試験は本物と偽者の薬を用いて
薬の効果を調べる試験方法)

多発型に効くという話もありますが
例が少なすぎるので何とも言えません。

ちなみに赤外線を照射する安全な方法もあり
局所的な治療のため副作用は出血や気胸、感染程度、
そして保険も効くというメリットがありますが、

肝心の脱毛治療効果がよくわかっていないため
ガイドラインでは行わない方がよいC2判定になっています。

円形脱毛症ガイドラインについて

スポンサーリンク

シェアする

フォローする