そばは主要な麺類の中で最も健康的な食べ物なので育毛的にも良い

スポンサーリンク

小麦→ラーメン→うどんの流れから
今回は蕎麦(そば)について考えていこうと思います。

そばは日本人のソウルフード?みたいに思われてるところがあるくらい
とても人気が高い食品のひとつで街の中心部じゃなくても
住宅地にお店がある場合も少なくないと思います。

食べ物は特に人気があるものほど不健康なものが多いですが
そばはめずらしく例外的に健康な食べ物です。

なぜかというと蕎麦という素材そのものが栄養豊富なものだからです。

ラーメンやうどんは小麦が原料ですが大抵は精白したものが使われています。

玄米を白米にするように加工をしやすいために精白してますが、
それにより栄養素の大半が失われてしまいます。

その点はスパゲッティもそうですし、他の粉物(こなもの)と分類される食べ物も同様です。

中には全粒粉を使用しているお店もあるかもしれませんが、
加工のしやすさや仕上がりを考慮して
精白小麦が混ぜられてるケースが多いと思います。

ラーメンやうどんをはじめとした小麦食品は原料を精白してようがしていまいが
その食品として成立する、という見方ができます。

しかし、蕎麦は素材そのものが栄養豊富なものですので
不自然な精白処理をしていないものが使われることになります。

それに蕎麦は小麦や大豆、とうもろこしみたいに
世界のメジャーな食材とまだなっていないことから
遺伝子組み換えのリスクもほぼないと考えられています。

よって蕎麦は他の粉物と比べて圧倒的に優れた食品といえます。

栄養素はルチンやコリンをはじめビタミン類やミネラルが豊富で
ほとんど完全栄養食といっていいほどのものです。

ちなみにコリンは肝臓の健康に関与するビタミンの一種なので
日頃から食生活が乱れてる現代人には素晴らしい味方となります。

当ブログで特に注目したいのは血糖値に関してです。

蕎麦は食物繊維も豊富なのでGI値が低い、
つまり血糖値が他の粉物(でんぷんが多い食品)と比べて上がりにくいです。

そばは栄養豊富な食材なので血糖値も上がりにくく他の麺類や粉物とは比べ物にならないくらい健康的な要素が多く育毛にも貢献しうる食べ物といえる

血糖値が急激に上がる食品は糖化という現象を頻発させ、
AGEという最悪の老化物質をたくさん生み出します。

それにより毛細血管も痛むので弾力を失って
赤血球が通りづらくなって髪にも栄養が届きにくくなるなど
深刻な生活習慣病を引き起こすことにもなります。

よって蕎麦はダイエットだけでなく
育毛的にも重要な食品だといえるのではないでしょうか。

ただ注意点はもちろんあります。

「食べ過ぎ」と「種類」です。

いくら栄養が豊富でGI値が低めの食品だからといって
食べ過ぎると元も子もありません。

食べ過ぎはどんなものでも消化の負担が増えますし、
栄養素は多く摂ればいいということではないのでメリットはありません。

そして蕎麦も加工のしやすさが関係しているためか
小麦粉と混ぜられているものが一般的です。

多くの場合は半々くらいの割合だと思われますが
それではせっかくの蕎麦の恩恵が半減しているように感じます。

よって、なるべくなら蕎麦の割合が高い八割そばや十割そばを選択するのがベターです。

店頭だとあまり見かけないかもしれませんが、
いまはネットで手軽に買い物ができる時代ですので
全く見つからないということはないと思います。

薄毛は血糖値とも密接に関係しているので、その点は重要視してほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存