小麦は薄毛を助長するのか|それとも育毛に貢献するのかを考える

スポンサーリンク

小麦は世界三大穀物のひとつとなっている
地球上において大変ポピュラーな食材です。(残り2つはとうもろこしと米)

パンや麺類をはじめ多くの加工食品にも使われているので
その浸透力は半端ではありません。

髪に良いとされる食べ物のランキング(※)においても
ランクインしているので髪の毛にちょうどいい栄養源と
捉えている人も多いと思います。

※アメリカの人気サイト・トップテンオブシティーが発表

しかし、一部からは薄毛にも関係しているのでは?
という懸念も聞かれることから色々考察していこうと思います。

・小麦のメリットとなる部分

小麦が良い点をまず挙げていくと、
植物であることと栄養価が高いことの2つがあります。

人類は体の構造的に植物を消化するように出来ているので、
動物性食品より体への負担(消化など負担)が少ないと考えられます。

そして栄養素については5大栄養素である炭水化物、タンパク質、
脂質、ビタミン、ミネラル類が満遍なく含まれており、
第9の栄養素と言われる酵素やポリフェノール類などの
ファイトケミカルも豊富に含まれています。

特に酵素とファイトケミカルは健康上とても重要な栄養素で、
動物性食品からはちゃんと摂取できない特徴があります。

酵素は生体内において様々な化学反応に関与するタンパク質で、
体内で作れる量に限りがあるため外部から補給するのが大事で、
ファイトケミカルは抗酸化作用や抗癌作用など、
健康の根本を支える機能がある重要なものとなります。

代表的な栄養素で含まれていないのは
ビタミンB12、C、Dくらいで他はほぼ含有しています。

酵素とファイトケミカルを考慮すると下手なサプリを飲むより
よっぽど有益な食品だということが垣間見えます。

・人類のほとんどが「食べてしまっている」小麦

しかし、上記のメリットは全粒粉という条件付きになります。5

現代の小麦の大半は精白処理されたもので、
栄養素を多く含む外皮と胚芽を取り除いてしまっています。

小麦の可食部は、全体の約8割を占める胚乳(はいにゅう)と
芽が出る部分の胚芽(はいが)、そして硬い外皮の3つの部分で構成されてます。

多くの場合、小麦粉は風味を損なわないようにするという理由だけで
外皮と胚芽を取り除いてしまうので栄養のほとんどがでんぷん質だけになり、
栄養が偏った不自然な食べ物に成り代わってしまいます。

これは玄米を白米にするのと全く同じことになります。

精製処理により食物繊維もほとんど削ぎ落とされるので
血糖値もドンと上がりやすい食べ物になってしまい
髪にとってもマイナス要因が増えることになります。

血糖値が上がりやすい食べ物を食べると老化物質のAGEsが多く発生し、
毛細血管などの質を低下させ末端組織をダメにしたり、
脳から快楽物質が出て依存状態をも引き起こす要因になります。

小麦にはアミロペクチンAという糖質が含有しており、
それも血糖値を急上昇させる要因になっているという指摘もあります。

現代の小麦は血糖値を上げる代表的な食品となっているので薄毛を助長する食べ物といっても過言ではありません

また、小麦はグルテンというタンパク質も含まれており、
それが小腸に炎症を引き起こしてセリアック病という病気や
アレルギーを引き起こす大きな要因になっている可能性もあるといいます。

そして極めつけは精白するにしろしないにしろ、
現在流通している98%の小麦は品種改良され過ぎたものだということ。

例えば雨風に強い品種や農薬に強い品種、ピザや麺などに加工しやすい品種を
作っているそうなので原種とはかけ離れているといいます。

それにより原種と比べて血糖値が上がりやすくなってるなどの
懸念が生まれているといいます。

小麦製品は一般的にスイーツに使われることも多いので
同時に精製された砂糖も摂取することになるので
さらに血糖に悪影響を及ぼす危険性を秘めた食べ物になります。

当然大量生産となると農薬や肥料の問題も存在してることと思います。

・小麦との正しい向き合い方の提案

こう見るとデメリットの方が目立ってる感じなので、
どちらかというと小麦は育毛というより薄毛に貢献してしまってるのではないか?
と思ってしまっても無理はないと思います。

しかし、どんなものも正しい向き合い方があると思うので
そんなに神経質になる必要もありません。

基本的に小麦に限らず精製された食品は栄養素が偏りすぎてるので
摂取しないに越したことはないのですが、
現実それは難しいので一定の妥協は必要になるでしょう。

ただ意識を高めれば極力避けることは可能になると思います。

例えばパンを食べるにしても全粒粉の角食を基本にするとか
口にする頻度を少しずつ減らしてみるとか
ホームベーカリーで自作してるなら全粒粉の小麦粉や米粉(玄米粉)を使うとか、
さらにこだわるなら原種に近いといわれるスペルト小麦を使うなど
できる事はいろいろあると思います。

味の好みや習慣もあるでしょうからパンや麺類、
ピザなどを全く食べないのは極端な意見となってしまうので、
たまに食べるというスタンスをとればいいのです。

現代人は精製物などの加工品を好きなだけ食べるから
薄毛をはじめ様々な病気にかかりやすくなってしまっているのです。

特に血糖値を上げる食品や肉などの脂食品の摂取量が多すぎるので
糖尿病や心臓病、癌などが増えてきてしまっています。

まとめると、

小麦は全粒粉で食べることが望ましく、
精製物でもたまに少量を食べる分ならよく、
できれば運動習慣を身につけたほうがより良い、

ということになります。

<参考記事>

⇒ラーメンと健康(薄毛)の関係について

⇒うどんとラーメンはどちらのほうが健康的にマシか

⇒蕎麦の健康パワーなどについての考察

⇒麺類と健康についてのまとめ

スポンサーリンク

シェアする