ロゲインの正しい使い方|塗布量を多くしても効果は向上しない

スポンサーリンク

ロゲインはリアップより安く手軽に手に入るため
人気が高い育毛剤ですが正しい使い方をご存知でしょうか?

使用方法を間違えると副作用のリスクが上がったり
中身を無駄にすることもあるのでしっかり覚えておきましょう。

ロゲインの正しい使い方
(泡タイプのロゲインフォームも基本は同じです)

■用量

使う量は1回あたり1mlで1日2回までにします。

それより多く使っても効果が向上しないうえ
肌荒れなどの副作用のリスクが上昇してしまいます。

また、昨日1回分つけ忘れたからといって
今日は3回つけるということはしないでください。
無駄に液を消費することにもなります。

※1ボトル60mlですので
1日2回使用した場合1ヶ月分ほどになります

■塗布の仕方

塗布する際は専用のスポイトを使います。
メモリがついているので1mlを正確に測れます。

1mlというと少なく感じるかもしれませんが
ミノキシジルは塗布した部分から5センチ周囲に
広がる性質があるため実はそのくらいで十分だったりします。

スポイトは本体と一緒についてきます。
もしなくしてもスポイトだけを買うこともできます。

フォームタイプは使いません。

ロゲインは刺激が強い部類の育毛剤であるため使用法は注意する必要がある

■塗布後の注意点

ロゲインは塗布してから乾くまで20分ほどかかります。
(フォームタイプはもっと早く乾燥します。)

ドライヤーですばやく乾かすと効果が減少する恐れがあるため
なるべく自然乾燥させることをオススメします。

その間は雨などで頭が濡れないようにしてください。
成分が流されてしまう恐れもあります。

そして成分は浸透するまで4時間かかるといわれてるので
海やプールで泳ぎたい場合は念のため浸透してからにしましょう。

※ちなみにベタつく欠点もあるので乾燥するまで帽子はかぶらないほうがいいです

■その他の注意点

使用できる年齢は20歳以上65歳未満です。
これはミノキシジルを含む製品全てに共通してます。

未成年は安全性が確認されておらず
高齢者は血圧が不安定で危険性が高いからです。

ロゲインは18歳以下は使用しない
という表記をされることがありますが
二十歳から使用するのが無難です。

また、女性は妊娠中・授乳中のときは使用しないようにしましょう。

■捕捉情報

ロゲインはミノキシジル含有量が低く吸収率を高める技術も盛り込まれていないので
生え際の薄毛にはあまり効果が期待できない所があります。

そのためロゲインは頭頂部が薄くなっていて副作用が気になる方向けといえます。

⇒ロゲインの特長やリアップの違いなどについて

スポンサーリンク

シェアする