【サイト内検索】
スポンサードリンク

薄毛が治る最大の条件は継続|当脱毛症ブログでお伝えする事

よく読まれている記事
・Lリジンの摂取量の目安について

・プロペシアと子作りの関係

・優れた食品「スピルリナ」



脱毛症の克服は難しくもありシンプルでもある


脱毛症のほとんどを占めるエージーエー AGA(男性型脱毛症)・FAGA(女性男性型脱毛症)
円形・瘢痕性・牽引性・脂漏性脱毛症
そして抜毛症(トリコチロマニア)などなど
世の中には多くの脱毛症が存在しています

特にAGAは最も発症例が多い薄毛の代表格です

病気とは認められていないものの
ありがたいことに研究がとても盛んな分野なので
発毛のメカニズムが次々と解明されてきています

アメリカのFDAや皮膚科学会などの
公的機関も効果がある薬を認可するなど
対策法もどんどん進化してきました



膨大な知識を吟味する必要がある脱毛症 しかし、脱毛に関してまだわからないことも多く
この対策法は意味がある・ないとか
この成分は髪によくない・実は育毛によかったなど
賛否両論が渦巻く世界でもあります

そして体質(遺伝)は全員が異なることもあり
なかなか結論を出すのは難しい部分もあります

当ブログでは出来る限り正しい情報に目をむけ
髪の毛の健康に関する美点・欠点・豆知識など
あらゆる要素を客観的に吟味していきます


テーマを髪の毛に絞っても情報量は膨大になります
よって迷うことも多々あるかと思われますが
実際やるべきことはシンプルです



育毛を達成する為に大切な3つの軸(考え方)


育毛の知識を柔軟な姿勢で学ぶ

脱毛症を克服する原点 まずは知識がないと何事も始まりません

いろいろな知識をコツコツと習得していくことにより
間違った対策をしないという予防策にもなり
体質や性格にあった最適な方策を
自分の力で選定できるようにもなります

全てをやろうとせず自分に合った対策を行う

自分に合う育毛対策を実践するのが大事 髪に良いといわれる対策法は五万と存在します

それらを全て行うのは現実的に不可能ですし
今日はこれができなかったからダメだ…と思うと
ストレスを生んで不健康体を作り上げ
髪もマイナスという本末転倒状態に陥ります

前向きな心を維持して対策を「継続」する

最も大事な育毛の原理 そして知識があっても心が後ろ向きでは何もできません

育毛は一朝一夕で完結できるものではないので
継続できる強い精神力も必要不可欠なものになります

特に「継続」は育毛の命とも言える要素ですので
その言葉は是非とも肝に銘じてほしいと思います

その3つの考え方を軸にしてください



薄毛が治る最大の条件は継続|当脱毛症ブログでお伝えする事

世の中にはAGAをはじめ多くの脱毛症が存在しています。 髪を生やし維持することはとても苦労する面もありますが対策はシンプルです。 薄毛は本当に治るのかと思っている方が特に意識してほしいのは 正しい知識を身につけそれを元に前向きに育毛法を継続することです。

自毛植毛ロボットのアルタスについて 患者への利点とは?

自毛植毛のロボットとして有名なアルタスですがよくよく調べてみるとデメリットが 目立つものだとわかります。自毛植毛ロボットを導入することのメリットは 患者ではなくクリニック側にありコストや毛根切断率など看過できない問題が多いです。

植毛手術は痛みの心配がほぼなし 術後は痛み止めで等で対処

植毛は外科手術であるため痛みを心配する方が多いですがそれほど高リスクでは ないといえます。植毛手術は比較的安全な部類に入るので痛みを感じる機会は少なく、 術後も内服薬を必要としない人も多いくらいです。

植毛のドナー採取で傷跡は残るがほとんど目立たないレベル

植毛はドナーを採取する必要があるのでどうしても傷跡が残ってしまうものです。 しかし、近年は縫合法も進化しているのでよく目を凝らさないとわからないくらい 目立たなくすることも可能です。植毛はドナーを移動させればいいだけでなく、 傷跡がほぼ残らない工夫も重要になっています。

自毛植毛における仕上がり密度がどのくらい期待できるか

自毛植毛において密度はとても重要なことです。自毛植毛は男性ホルモンの影響を 受けない髪をずっと維持できるのが魅力ですが密度が低かったら意味がありません。 幸い多くの人が満足できるレベルまで植えることが技術的に可能になってるので そこまで気にしなくてもいいかもしれません。