スポンサードリンク

正しい髪の乾かし方(タオル編)|ゴシゴシ拭くと痛むので禁物

洗髪後は髪を乾かすことがお決まりですが
間違ったやり方で乾かすと髪を傷めることになります。

髪は塗れているとキューティクルが開いているので
とても痛みやすい状態です。


さらに水分をいつまでも残していると
雑菌が繁殖する恐れもありますので
なるべく早めに乾かすようにしましょう。

まずは本格的に乾かす前段階として
タオルドライについて触れていこうと思います。


最初にバスタオルでバーーーッと
雑にゴシゴシ拭くのが当たり前になってる方が
多いと思いますがそれはやめましょう。

前述の通り塗れた髪は痛みやすいので
その行為は髪をいじめていることになるのです。



タオルドライは髪を「拭く」のではなく
頭にかぶせて押し当て水分を「吸い取る」ようにします。

1~2分ほどかぶせていると
半分以上の水分を吸収することができます。

頭皮の水分は指の腹で軽く押すことで吸い取れます。

髪が長めの方はタオルで髪をはさんで数回軽く叩きます。
もちろんこすってはいけません。


なぜ押し当てるだけでいいのかというと、
タオルは繊維でできているので
非常に細かい穴が無数に開いてる形になってます。

水は小さなところに進んでいく性質があるので
とても理に叶った乾かし方というわけです。


ゴシゴシすることは全然よくないということが
お分かりいただけたと思います。


地味なことですがタオルドライは地味に大事なヘアケアです。

公共浴場に行くと雑に拭いてる人だらけなので
あまり認知されていない部分に感じてしまいます・・・


そんなに難しく面倒なことでもないと思うので
髪に悩んでいる人は特に注意してほしいと思います。

⇒正しい髪の乾かし方「ドライヤー編」

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます。