円形脱毛症に鍼灸治療は行うべきではない?医学的見解の違い

スポンサーリンク

専用の針を刺す事で皮膚や筋肉を刺激して
様々な作用を起こす鍼灸(はりきゅう)治療があります。

痛みを緩和したり弱った内臓を活性化させたり
血流の調整などもできるといわれる。

中国から伝わった医学であり
日本でも国家資格に「はり師」があるので
公に認められた治療法といえます。

その鍼灸治療を脱毛部位に施すことで
血流がよくなり髪が生えると言われています。

しかし円形脱毛症ガイドラインでは
D(行わないほうがよい)という最低評価になっています。

その理由は根拠がわからなすぎるためと思われます。

一応罹患期間が1年未満の患者14名、
1年以上2年未満の患者18名、
2年以上の患者3名に対して
鍼灸治療を行った研究はあります。

それによると9例が回復し
10%の領域で回復したという
結果がでたようですが、

その患者の円形脱毛の重度や範囲、
治療の期間や回数が不明なので
情報があまりにも不十分なのです。

よって医学的な評価をする水準に達していないので
有益性を論じることもできないとされてます。

用は根拠があまりにも乏しいので
良いか悪いかもわからないということです。

しかしD判定だからといって
絶対有効ではないとは言い切れません。

実際治療に鍼を用いる病院は多数あり
各々が実績を上げている例もみられます。

あと西洋医学と東洋医学の考え方の違いも
どこか関係しているのかもしれません。

西洋医学でいうと脱毛は
遺伝や自己免疫疾患を有力視するのに対し
東洋医学は血流や内臓の関係を重視します。

また、それぞれがお互いの考えを否定する風潮も
少なからずあるような感じも見受けられるので
今のところそのような判定になっている可能性もある。

疲労感などがでることがありますが
薬を使わないので副作用は基本的になく、
出ても一時的なものになります。

何をしても効果がなかった人は
試す価値はあるかもしれません。

ただし円形脱毛症での鍼灸治療には
健康保険が効かないのが難点です。

円形脱毛症ガイドライン記事へ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする