薄毛対策として使うシャンプーはサロン仕様の方が良いのか

スポンサーリンク

薄毛対策として日々シャンプーを使ってる人は多いと思います。

アミノ酸シャンプーが出て久しい今日このごろですが
中にはサロン仕様なるものもあります。

育毛サロンとか美容室で使われてるものを指すと思われますが
プロが使っているということで良いイメージが
先行しているように感じます。

果たしてサロン仕様とされるシャンプーのほうが
そうでないものより効果的なのかについて
今回は考えていこうと思います。

成分をいろいろ見てみるとわかりますが
問題を感じるモノが多いですね。

・サロンシャンプーとは?

まずサロンシャンプーとは何かについてですが
これは明確な定義はないように感じます。

おそらく美容室とかで使っているとか
特定の美容師プロデュースとか、
育毛サロンなどの独自ブランド品といったものを
指すものと思われます。

サロンクォリティー、プロ仕様のシャンプーなどと
呼ばれることもあります。

一般的なシャンプーとの基本的な違いは価格と成分です。

近所のスーパーやドラッグストアーに売ってるものは
数百円レベルで成分の質もよくありません。

髪のさわり心地を追求しているようですが
肝心の界面活性剤や香料、色素などの添加物に関しては
相変わらずという感じです。

サロン仕様となると数千円レベルがふつうで
容量が多いと5000円を超えるものもあります。

その分、いろいろな漢方成分を配合して
医薬部外品分類になっているものも多いと思われます。

一応髪と頭皮に気を使った作りになっているとされ、
洗浄力は穏やかなことが基本仕様です。

美容の話でも洗いすぎは皮脂の過剰分泌に繋がり
ニキビを発生させるといった内容がよく出てきますが
頭皮に関しても同じことがいえます。

炎症で髪が抜けることは稀ですが
慢性的に化学物質に暴露し続けることで
なんらかの影響が出てくる可能性も否定できません。

だからシャンプーには質が求められます。

・質に疑問点が多いサロン仕様シャンプー

ではサロン仕様のシャンプーはどれも質がいいのでしょうか。

残念ながらそんなことはないように思えます。
むしろほとんどアレなんじゃないかと思ってしまいます。

大手ほどオリジナルブランドのヘアケアグッズを開発して、
通販サイトも立ち上げて販路を広げています。

昔は美容室じゃないと買えないものでしたが
今ではかなり手軽に購入できるようになってます。

そのため注意がより必要になってはいますが
ヒントをたくさん得ることができます。

内容成分ですね。

それを見るとだいたいどんなものかを把握できるので
食べ物の成分表示と同じくチェックすることは大事です。

見てみるとわかりますが、
大半のシャンプーはどれも似たような構成で
合成界面活性剤ありきだということがわかります。

一見すると天然系に見えるものでも
それはあくまで原料がそうなだけで
科学的に手を加えられてるものは
みな合成界面活性剤といえます。

ココイルグルタミン酸ナトリウムなどですね。

化学合成していないものが入っていても
界面活性剤自体の種類が多いことも問題です。

個々の成分の効果が緩やかでも
積み重なれば肌への負担が増えることになります。

つまりはバリア機能が壊され、
変な成分も髪まで浸透する恐れも出てきます。

また、植物エキスも実は問題があります。

植物(漢方)だから安全というイメージがあると思いますが
植物も自分の身を守るために毒をもっています。

それを総称して植物毒というのですが
そのことも考慮して作られてるのかは疑問です。

植物エキスも界面活性剤と同じで
種類が多くなるほどそのリスクはあがります。

植物については特に良い面しか語られないので
自分で学んで意識していくしかありません。

そしてサロン仕様と思われるものでも
発がん性が疑われる成分(パラベンなど)や
ちゃっかり石油系の界面活性剤も混ぜて
作られてるものもあります。

そういうのを見ると、
ますますサロン仕様とは何かと疑問が膨らみます。

・結局はホームケアが一番

ということで育毛サロンでも美容室でも
特別なシャンプーを使ってるとは思わないほうが
いいかもしれないですね。

質的には巷で有名な育毛シャンプー類とほぼ同じです。

他の人にやってもらうことは楽で気持ちがよくて
リラックス効果があるとは思いますが
結局のところそれだけといっても過言ではありません。

洗い方は爪を立てるなどの極端なことがない限り
ほとんど差はないと考えられるので、
どこで洗ってもらおうと大差はないはずです。

リラックス的なことはさておき、
頭皮環境とか育毛とかの話になると
ホームケアの方がずっと意味があります。

わざわざ定期的に通ってまで
やってもらう価値はほとんどないと言えます。

成分をいろいろ見てみると問題点が数多くあるので
むしろ悪影響にも思えてしまいます。

質のいい石鹸シャンプーを自分で使ったほうが
よっぽど頭皮と髪のためになると思います。

石鹸カスは敵対視される傾向が強いですが
それが常在菌の餌となってバリア機能が保たれる、
ということも考慮しないといけません。

サロン仕様と思われるシャンプーの問題点をおさらいすると、

合成界面活性剤が使われてるのがふつうで、
中には石油系の洗浄力が強い
合成界面活性剤が使われてるものも存在する
(ラウレス硫酸ナトリウムなど)

植物エキスが異様に多く配合されてるものが多いが
植物毒に関して意識しているかは不明

こだわってそうな割にはパラベンや香料などの
問題視されている成分が配合されてるものが多い

全体的に配合成分は大差ない

という感じになります。