自毛植毛のFUEについて 傷跡が目立たず痛くない特徴が?

スポンサーリンク

FUE

自毛植毛の術式は主に
FUTとFUEの2つがあります。

今回は後者のFUEの特徴について
いろいろと述べていきたいと思います。

傷跡が目立たない上に痛みも残りにくいという
画期的な植毛法と言われていますが果たして…。

・FUEの概要とメリット

FUEはFollicular Unit Extraction
(フォリキュラーユニット
エクストラクション)の略です。

フォリキュラーは毛包、ユニットは単位、
エクストラクションは抽出という意味です。

FUTと最も異なるポイントは
頭皮から直接ドナーを採取することです。

パンチブレードと呼ばれる
特殊なメスで頭皮から直接毛包ごと
組織をくり抜くというやり方です。

FUTではメスでドナーを採取する部分を
帯状に切り取ってから株(グラフト)を
1つ1つ分ける作業をします。

FUEは帯状に頭皮を切り取らないので
手順をひとつ飛ばせるというわけです。

それによって生じるメリットは
主に2つあります。

1つは傷跡が小さくできること、
もう1つは痛みが少なくなることです。

パンチブレードの直径は
1ミリかそれ以下しかないので
傷も点状にしか残りません。

そのため縫合をする必要がないため
より目立ちにくいというわけです。

傷跡が小さいと痛みも必然的に減るので
FUTのように手術直後の時期は寝る際に
枕に当たる後頭部が痛い、
といった悩みが出る可能性が低くなります。

ちなみにFUEの術式というのは
植毛法として最初に考え出されたものです。

昔はパンチブレードの直径が大きかったことや
技術的に問題があったことから
仕上がりが不自然になっていました。

ところどころから毛が生えているが
その間はスカスカといった感じです…。

現在は器具の性能も技術も向上してるので
そのような明らかに不自然な症例は
少なくなってきています。

・FUEの主な3つの欠点

FUEは技術が進歩したことから
それを行うクリニックも増えています。

中にはそれを専門で行うクリニックも
珍しくなくなっています。

むしろ日本の場合かもしれませんが
FUEがトレンドチックになっています。

ところがFUEにも欠点が色々あるので
それもしっかり知っておきましょう。

FUEの欠点(デメリット)は主に、

技術的に難しい
一度に多くのドナーが取れない
やり過ぎは傷跡が目立つ

この3点があります。

・技術的に難しいことについて

髪の毛は必ずしも同じ方向に生えておらず
どれも角度はバラバラです。

FUTだと移植片を顕微鏡で見ながら
株分けするので良いのですが、
FUE法だと正確な方向がわかりません。

そのため熟練の技術が必要な方法なので
どうしても毛根切断率が高まります。

世界的権威レベルと最新の採取法である
SAFE法を用いたとしても
5%ほどに達すると言われます。

FUTだとそんなに高くなりません。

・一度に多くのドナーが取れにくい

難しい技術なことから
当然時間もかかってしまいます。

FUTだと1度に何千株取れるのが
普通になってきていますが、
FUEでは1000株取れれば良いほうです。

そのためFUEは狭い範囲の植毛に
適している方法なのです。

・傷跡がかえって目立つこともある

いくら傷跡が小さいからといって
それが多くなるとかえってFUTより
傷跡が目立つこともあります。

坊主にしなければ大丈夫な場合も多いですが
そうでなくてもやり過ぎると
後頭部がスカスカになることもありえます。

FUEこそ最新かつ最適な植毛法などと
宣伝される向きもあるのですが
それを鵜呑みにしてしまうと
そのような事態になる恐れが高いと思います。

・FUEは限られた状況で用いるのが吉

植毛の技術が全体的に向上しているのは
喜ばしいことですが、いかなるときも
冷静に考えることが大事です。

FUEはM字などの狭い範囲の植毛や
頭皮が硬い時、縫合したくない時などは
有効な対策になります。

しかし、傷が目立たない、痛くないという
メリットだけで決めてしまうと
後々後悔することになりかねません。

近年は機械によって難しいドナー採取を
任せているクリニックもありますが、
それだと人の手でやる以上に
ドナーの損傷率が高くなる欠点もあります。

ちなみにFUEは世界で実施される
植毛手術にの3割ほどに過ぎないらしいです。
(FUTが7割)

ということでよほどの理由がない限り
FUEは多用しないほうがいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする