自毛植毛の基本であるFUTの特徴 欠点は解消されつつある

スポンサーリンク

植毛FUT

自毛植毛手術は主にFUTとFUEがあり
前者がスタンダードの方式になります。

世界的に見ても7割ほどは
FUT方式で行われていると言われています。

今回はFUTについて深掘りしていきます。

・FUTの概要とメリット

FUTの正式名称は、
Follicular Unit Transplantation
(フォリキュラー・ユニット・
トランスプランテーション)といいます。

直訳すると毛包単位移植。

もう少し正確に言うとフォリキュラー株、
つまり毛穴単位の株(グラフト)を
移植する術式ということです。

後頭部や側頭部の一部を頭皮ごと切り取り、
顕微鏡を用いながら毛穴単位で
ドナーを採取していきます。

1995年に提唱されたということで
歴史的には新しい手法ですが、
多くの症例がFUTで行われるほど
世界的に評価された術式です。

いまやゴールドスタンダードと
呼ばれているほどです。

そう呼ばれるほど評価れているのは
毛根切断率が低いことが
主な理由だと考えられます。

頭皮からドナーを直接くり抜くFUEは
毛根の曲がり具合が見えないことから
一般的に損失が多くなるものです。

FUTだと移植片を顕微鏡で細かく見ながら
ドナーを採取できるので
ほとんど損失がないといえます。

自毛植毛の場合ドナーは変えが聞かないので
人工毛のように半無限には使えません。

その為損失率(毛根切断率)が低いFUTは
評価されて当然という感じだと思います。

そしてFUT最大の特長といえるのが
広範囲の植毛に向いているということ。

FUEよりもドナーを多く採取できるので
いわゆるメガセッションをするのに
適しているのです。

頭頂部は広範囲に薄くなることが多く、
生え際の後退も人によっては
かなり深刻な場合もあります。

そのどちらの場合も対応できるのです。

・FUTの問題点は解消されてきています

FUTで懸念されるのは傷跡や痛みです。

頭皮を帯状に切り取るわけですから
どうしても線状の跡が残ります。

そのため何らかの理由で
スキンヘッドにしたい場合は
FUTは向いていません。

痛みについては個人差があって
なんとも言えない部分ではあります。

痛み止めが必要ないという人もいれば
寝る時につらいという人もいます。

それもドナー採取の面積も関係すると思いますが
傾向としてはFUEと比べると
痛みが残りやすいといった感じです。

ただ最近はそれらの欠点も
だいぶ問題にならなくなってきています。

傷跡はかなり目立つにくいよう
トリコフィティック縫合法が開発され、
痛みもどちらかというと
軽微で済む場合が多い傾向です。

頭皮を切る際は適当にやるのではなく
拡大鏡を用いて丁寧に行う
オープンテクニックという方法もあり
だいぶ負担が減ってきてる感じだからです。

トリコフィティック縫合法は
髪の毛と傷跡を一体化させるように
仕上げるためかなり目立ちにくくなります。

そのためスキンヘッド化
それに近いくらい短い坊主にでもしない限り
まず問題のないレベルになってきています。

ちなみに突っ張り感も術後2週間もすれば
ほとんど気にならなくなるようです。

・FUTは受ける場所でクオリティが変わる

本当に問題視するべきことは
FUTという術式のことではなく、
クリニック(医師)選びになります。

腕前の良さにバラツキがありますし、
クリニックによって方針も異なります。

本来は1株(グラフト)あたりで
手術費用を算出しないと密度の違いにより
不公平が生じてしまいます。

後頭部と側頭部では密度が違いますし、
同じ部位でも個人差があります。

また、後頭部からドナーを取るにしても
あまり上の方から取るのは問題です。

そもそも自毛植毛は
男性ホルモンの影響を受けない髪を
薄い部分に利用しようという技術です。

あまり頭頂に近い部分の髪だと
男性ホルモンの影響を受ける可能性があり
植毛をする意味がなくなります。

FUTはとても優れた術式ではありますが
考慮すべき点もいろいろあることを
今回は知っておいてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存