【サイト内検索】
スポンサードリンク

刈らないタイプの植毛について思うこと 主に欠点の考察

刈らない植毛とは自毛植毛の術式の一つである
FUEの発展系ともいえるものです。

ドナーを採取する際に伸びた毛をバリカンで
刈る必要が無いので手術をしたことが
全くわからないというメリットがあります。

一見するとものすごく画期的で
最先端の方法のように見て取れなくもないですが
まずは冷静に特徴を掴んでおいたほうがいいですね。

その上で検討したほうがいいので
じっくり考察していきましょう。


・ドナー部を刈らない事によるメリット


植毛は頭部に傷が残ることが欠点ですが
(ドナー部に)メスを使わないから
より傷が目立たないとして注目を浴びたのが
FUEという術式です。

それを更に発展させたのが
刈らない(または剃らない)植毛と言われる方法です。

ドナー部となる後頭部や側頭部は
通常は採取しやすいよう
その部分を短く刈り込む必要があります。

そのため術後は不自然な見た目になるため
その点を仕事の都合上などで
懸念する方も少なくありません。

FUEだと更にそれが顕著かもしれません。

パンチという器具を使って髪をくり抜きますが
採取する範囲が狭いとそこだけ髪が薄くなるので
広い範囲から採る必要があります。

そのため長方形型に刈り込むFUTと比べて
刈り込む範囲が広いともいえます。

刈る必要がない方式はそんな悩みに
答えるべく誕生したのかもしれません。

文字通り刈り込む必要がないので
手術をしたかどうかは全くわかりません。

人と会う機会が多い営業職の方や
対面販売をされてる方、
髪の長い女性などは
メリットが大きいかもしれません。

特にロングヘアの女性は
再び元の長さに伸びるのに
数年を要することになるので
一番メリットがあると言えそうです。

もちろん男性で髪を長く伸ばしてる方も同様です。

技術が向上したのか単に流行りとして広まったのか
今では有名なクリニックでは選択肢が用意されてます。

単に刈らないと冠したものや
ノンシェーブといった横文字、
NCなどと略している場合もあります。



・ノンシェーブ植毛(FUE)の4つの欠点



簡単に言うと髪を伸ばしたまま
受けられるというのが刈らない植毛です。

一見するとメリットが大きく
いかにも最先端技術っぽく見えますが
そこまで賞賛されるほど高貴なものではありません。

むしろFUEから派生したものであって、
選択肢の一つと捉えたほうがいいと思います。

刈らない植毛法には大きな欠点も潜んでるので
その点もしっかり学んでおきましょう。


デメリットは主に以下の4つがあります。


1・毛根切断率が高い
2・多くのドナーが採りにくい
3・手術費用が最も高額
4・植え付け後に一旦抜けるのは同じ



1・毛根切断率が高い

FUEという術式は毛根を直接見れないので
傷つけるリスクがFUTより高まります。

移植しても生えなかったり
生えても産毛程度だったりする可能性が
高まるということを意味します。

髪を刈らないとなると
作業の難易度が更に上昇するため
リスクは更に高くなると思うのが自然です。


2・多くのドナーが採りにくい

通常のFUEより手間がかかるということは
摂れるドナーの本数も必然的に少なくなります。

狭い範囲の植毛なら良いのですが
つむじ付近が薄いなどの広範囲となると
全く向いていない術式と言えます。


3・手術費用が最も高額

手間が掛かる分、費用もかなり高くつきます。

クリニックによってピンキリですが
高いところだと1株あたり2000円ほどで
良心的なところでも1000円ほどかかります。

ちなみに通常のFUEでは
高いところだと1000円ちょっとで
良心的なところだと800円ほどです。


4・植え付け後に一旦抜けるのは同じ

移植後は一旦抜け落ちることは共通しています。

一度体から離れた髪は休止期に入るので
人工毛のようにそのまま長い髪の毛を
移せるわけではありません。

あくまでドナー部の不自然さを
防ぐという方法だということですね。



・ノンシェーブFUEの特徴まとめ


メリット

・ドナー部を刈り上げないので
術後に部分カツラなどで隠す必要がない

・人前に出る機会が多いなど
手術をしたことを隠したい時に効果を発揮
(ロングヘアの方は特に便利)


デメリット

・通常のFUEより難しい術式なので
毛根切断率が高くなる

・手間がかかることから多くの本数が採りにくい

・費用が植毛術の中で最も高い

・移植先は一旦抜け落ちるのは
他の術式と共通しているのでアドバンテージはない


という感じになります。


どちらかというとデメリットのほうが
大きい術式なので特別な事情がない限りは
受けないほうがいいでしょう。

- スポンサードリンク -


自毛植毛カテゴリに書いた記事アーカイブ

  1. 刈らないタイプの植毛について思うこと 主に欠点の考察
  2. 自毛植毛とは? メリット以外にも知っておくべきこと一覧
  3. 植毛後もプロペシアを飲み続けるべきかについて考えてみます
  4. safe法による植毛とダイレクト法の違い どちらもFUE?
  5. 植毛のfutで傷跡が生じる原因となるべく目立たなくする工夫
  6. 植毛のグラフトがどのくらい必要かの目安を知ることは大事
  7. 自毛植毛手術は2回目をいつ受けるべきかなどの注意点
  8. つむじ付近の植毛は満足度が低い傾向にあるようですが...
  9. 植毛術後のシャンプーの注意点 低刺激と期間がポイント
  10. 植毛部にニキビが出来た時の対応 大半は問題なく落ち着く
  11. 植毛株は大きい方が定着が良い? チャビィVSスキニー
  12. 植毛手術後の喫煙についての考察 これをいい機会と考えよう
  13. 自毛植毛後も生活習慣は大切 禿げないからと高をくくると...
  14. 植毛しても生えない理由の考察 重要なのは手術工程と私生活
  15. 植毛後のかさぶた対策 バレないように隠す工夫など
  16. 植毛後に顔が腫れる原因は麻酔薬と植え付け 対処法はシンプル
  17. レーザーを使う植毛法が現在ほとんど行われていない理由
  18. 自毛植毛とスリットの深い話 コロナールかサジタールか
  19. 植毛部のテンティングについて ピットスカーの逆の現象
  20. 植毛部で起こりうるリッジング 皮膚が線維化しコブとなる
  21. 植毛に関する嘘や誤解を招く説明が多いので一石を投じます
  22. 植毛と縮れ毛の関係 大半は1年ほどで元に戻りますが...
  23. 植毛キャンペーンは損か得か クリニックが近くに時の考え方
  24. 自毛植毛の術後経過について 結果が実感しやすいのは1年後
  25. スカルプリダクションの特徴 デメリットが大きい外科手術
  26. 植毛術のフラップ式について 問題点が多い古い術式
  27. 植毛手術を受ける前のカウンセリングは実はとても重要
  28. 植毛の歴史について 日本人医師の知られざる功績の数々
  29. 植毛術の一つであるチョイ式について デメリットが大きい
  30. FUTのデメリットを考察 ほとんど問題にならないものばかり
  31. FUEの隠れたデメリット 後頭部がスカスカになる恐れなど
  32. 自毛植毛でも失敗は大いに有り得る 後悔しない為には?
  33. オムニグラフトの特徴 機械による植毛の大きなデメリット
  34. 植毛後にAGAが進行したら?ドーナツ化や離れ小島の懸念
  35. 植毛密度の限界を深く考察 デンスパッキングの落とし穴
  36. 植毛ができない人の特徴 大きく体質と感情の2種類がある
  37. 植毛でよくある不安や疑問一覧 代表例を取り上げます
  38. グラフトの基礎知識 植毛を正しく理解する為の大切なこと
  39. かつらなどの増毛と植毛はどちらがいいかを考える
  40. 人工毛植毛した後でも自毛植毛で修復可能 留意点は3つ
  41. 植毛は円形脱毛症にも有効なのか 検討はより慎重に
  42. 植毛手術で起こりうるリスク Xファクターはごく少数
  43. 自毛植毛に年齢制限はない 未成年でも老齢でも健康なら可能
  44. 植毛は何回受けるべきか 繰り返すと密度100%は可能?
  45. 植毛は体毛にも応用でき、その逆パターンも可能です
  46. 自毛植毛は女性にもすごく有効 特にFAGAに本領発揮
  47. メガセッションの凄さと魅力 植毛は一度に最大何本まで可能?
  48. 自毛植毛には色々な種類があるが...最適な方法は何か
  49. 植毛手術は海外でも可能ですが... デメリットが多いです
  50. 自毛植毛の費用の相場について 全体的に高い傾向にあり
  51. FUTとFUEを注意深く比較すると見えてきた大切なこと
  52. 自毛植毛のFUEについて 傷跡が目立たず痛くない特徴が?
  53. 自毛植毛の基本であるFUTの特徴 欠点は解消されつつある
  54. 自毛植毛ロボットのアルタスについて 患者への利点とは?
  55. 植毛手術は痛みの心配がほぼなし 術後は痛み止めで等で対処
  56. 植毛のドナー採取で傷跡は残るがほとんど目立たないレベル
  57. 自毛植毛における仕上がり密度がどのくらい期待できるか
  58. 自毛植毛の定着率の実際は? 多くは90%以上とされてるが
  59. 植毛で不安になるショックロスの考えられる原因と対処法
  60. 植毛手術の一般的な流れ カウンセリングからアフターケアまで
  61. 植毛を専門にしているクリニックを客観的に比較してみました
  62. 自毛植毛の優れたメリット メンテ要らずで髪が生え続ける
  63. 自毛植毛の3つの施術方法について|現在は遊離移植法が主流
  64. 自毛植毛のデメリット|生え揃う期間・価格・傷跡が残る失敗など
  65. 自毛植毛とは何か?自分の髪を移植する画期的なAGA対策