植毛でよくある不安や疑問一覧 代表例を取り上げます

スポンサーリンク

植毛の疑問

植毛に関するよくある不安や
疑問についてQ&A方式でお伝えします。

いくら画期的な手法でも不安に駆られて
踏み切れないのはもったいないですよね…

今回は植毛の疑問あるあるとして
代表的な質問を取り上げていきます。

目次

・植毛手術に関すること

・術後で気になること

・植毛技術に関すること

1・本当に生えてくるのか

理論や技術的な面においては
心配する必要はないと言えます。

ドナードミナンス理論といって、
元々生えていた場所の性質を
植えた場所でも受け継ぐことが
証明されているからです。

植毛した髪は休止期になるので
一度は抜け落ちてしまいますが
それは自然な経過です。

発毛率の高さは医師の腕や
クリニックの方針に左右されます。

2・いつごろ生えてくるか

休止期を脱すれば次第に
生えてくるものですが
結果がわかるまでの期間は
個人差があります。

一般的には1年ほどかかるとされ、
早くても10ヶ月は必要です。

3・移植毛は抜けないのか

無理な力を加えない限り
抜けることはまず考えられません。

仮に抜けたとしても
自分の髪なのでまた伸びてきます。

もちろん手術当日はデリケートに
考える必要がありますが
9~12日程で定着するので
長い間神経質になる必要はありません。

4・手術に痛みは伴うのか

麻酔や精神安定剤により
手術中は痛みを感じることは
ほとんどないでしょう。

あるとしたら
注射の一時的な痛みくらいです。

術後は痛みがじわじわ残るものですが
それも痛み止めでほぼ無問題です。

痛み止めすら必要ない場合も多いです。

5・何株(何本)必要になるか

必要数は薄毛部分の面積と
本人の希望によります。

m字だと多くても1000株ほどで
頭頂部だと1000~2000株以上、

密度に満足できなければ
さらにその2倍ほど
必要になることもあります。

6・ドナーの限界数

男性ホルモンの影響を受けない
安全なドナーは日本人の場合で
6000~7500株程だそうです。

その数はノーウッド分類でいう
クラス7(波平さんレベル)でない限り
ほぼカバーできる数と考えられます。

よってドナーに限りはあるといっても
あまり気にする必要はないと思います。

7・密度はどのくらい期待できるか

元々備わっている密度は
1平方センチあたり
後頭部で約80FU(160本)ほど。

多くの方はその50%の密度を
達成できれば満足できるそうです。

あまり高密度にこだわっても
ショックロスを誘発する可能性もあり
過剰意識はしないほうがいいでしょう。

8・ショックロスを起こす可能性は?

植毛は頭皮に穴を開ける必要があるため
既存毛を傷つける恐れは常にあります。

ただ、深刻なほど脱毛するほどの事例は
ほぼないので心配はいりません。

もし起こしたとしても
必ず永久脱毛になるとも限りません。

9・ピットスカーが生じる可能性は?

髪の根元が凹むピットスカーは
スリット(髪を植える穴)を大きくしすぎると
発生する可能性が出てきます。

よって医師の腕が問われる部分ですので
クリニック選びが鍵を握ります。

ちなみに人工毛植毛を受けると確実に生じます。

人工毛は生毛より太く作られてるためです。

10・不自然な仕上がりを修正できるか

邪魔な人工毛や下げすぎた生え際の髪を
くり抜くなどの手間が上乗せされるケースが
出てきますが大抵の場合は可能です。

ただ、同じクリニックで
受け直さないほうが無難です。

11・1回の手術で済ませられるか

近年はメガセッションやデンスパッキングなど
技術が向上していますが必ずしも
1回で満足できるとは限りません。

薄毛が進行することも考えられるので
基本的に1回で完了しないと
思ったほうがいいかもしれません。

それでも数回で済むケースが
ほとんどだと思われるので
永久に出費が生じることはありません。

12・次回の手術はいつ受けれるか

ドナー部の突っ張り感や
植毛部の生え具合を考慮して
早くても半年は待つ必要があります。

しかし近年は一度でも満足できるほど
高密度に植毛できる場合も増えてるので
安全を見越して8~10ヶ月後に
しておいたほうが無難かもしれません。

13・女性でも植毛手術は有効ですか

もちろん有効ですがFAGAの場合に限られます。

頭部全体が薄毛になる休止期脱毛だと
ドナーが取れないためです。

FAGAだと男性と同じく頭頂部や
前頭部付近だけが薄くなるので
後頭部か側頭部からドナーがとれます。

14・植毛を受けれる年齢は?

基本的に年齢制限はありません。

未成年の場合は親の同意が必要になりますが
それ以外では特に制約はありません。

15・手術の安全性はどうなのか

植毛手術は全身麻酔を行うような
大掛かりな手術ではないので
かなり安全な部類に入ります。

癌などの重病を患っていたとしても
受けられるほど安全性は高いです。

しかし、緊急時の場合に備えて
救急知識を有している医師やスタッフがいる
クリニックだとより安心です。

16・目立つ傷(瘢痕)や人工毛植毛の後でも
自毛植毛は受けられるか

そういう場合はむしろ自毛植毛が
最善の対策になると思います。

傷は植毛によるものでも
怪我によるものでも対応できますし、
人工毛植毛後も同じく可能です。

・手術後に関する疑問

17・目の周りの腫れ対策は?

クリニックによって対応は異なると思われますが
ちゃんとしたところだとヘアバンドを用いて
麻酔薬が下がってくるのを防いでくれます。

18・シャンプーはいつから出来る?

術後2日目から可能ですが
株が定着するのに9日~12日ほどかかるので
この段階ではまだこすらないほうがいいです。

当然使用するシャンプーは市販の安物ではなく
良質なものを使ったほうがいいでしょう。
(簡単に言うと低刺激なもの)

1~2週間ほど経ったら
多少こすってもよいですが
強く力をいれるのはNGです。

今まで通りに行うのは
2週間経ってからにしましょう。

19・カツラは使用できるか

使用できますが発毛率が下がる恐れが
指摘されているのでなるべくつける時間を
短くする工夫が必要だと思います。

20・カサブタはいつ取れる?

2週間ほどでほとんど取れるようですが
それまで隠したい場合は
増毛パウダーがおすすめです。

ほとんど刺激が少ないので
移植毛への影響が少ないからです。

21・ニキビが出来たらどうする?

ニキビは一時的な炎症なので
多くの場合は方っておいてもOKです。

あまりに再発を繰り返す場合は
植毛を受けたクリニックか
皮膚科に相談したほうがいいかもしれません。

22・プロペシアは続けるべきか

既存毛は男性ホルモンの影響を受けるので
薬をやめるとAGAは進行し、
移植毛だけでは密度が不十分に
なってしまう恐れもあります。

薬を完全にやめたいなら
植毛を繰り返して密度をあげるしかなく、
既存毛も少しは残したいのであれば
飲み続けてもいいでしょう。

23・治療費の適正価格は?

FUTだと世界的な相場は
1グラフトあたり5ドル前後です。

FUEだとその倍くらいです。

日本の場合は全体的に価格が高すぎるので
世界の相場と照らし合わせてみると
かなり参考になると思います。

・更に納得感を得るためには…

この他にも細かい部分の疑問はたくさんありますが
今回は代表例と思われるものだけを取り上げました。

それでもけっこうたくさんあったので
大体の疑問は解消できると思います。

一番は医師に直接聞くことなので
カウンセリングでいろいろ
質問するのがいいと思います。

でも知識があったほうが納得感が違いますので
ある程度予習してからいくことをおすすめします。

その後も興味深い疑問や不安があったら
追加していくか別記事で
取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存