自毛植毛の費用の相場について 全体的に高い傾向にあり

スポンサーリンク

植毛費用

自毛植毛を検討する上で
ある意味最も重要な項目が費用です。

どうやら日本の植毛代というのは
相場が変な方向に動いているようなので
注意深く知る必要があると思います。

大手ばかり比較しても
適切な相場は見えてこないでしょう。

・植毛費用の相場(適正価格)とは?

自毛植毛でネックになる問題の一つは費用です。

健康保険が適用出来ないことから
高額な治療費が必要になってしまいます。

その点はすべてのクリニックに共通してますが
重要なポイントは相場です。

保険が適用できないということは自由診療、
つまり各クリニックによって
自由に価格設定できるという意味になります。

しかし、あまりに相場から逸脱するのは問題です。

高すぎたらもちろん問題ですし、
安すぎてもサービスの質が悪ければ問題です。

要は適正価格であることが大事なんですね。

では自毛植毛の適正価格とは
いったいどのくらいだと思いますか?

明確に決められてるわけではないですが、
FUTの場合は1株(グラフト)あたり
世界的に5ドル前後となっているようです。

日本円にするとだいたい500円前後でしょうか。

FUEの場合はFUTの倍くらいが相場です。

1株あたりの値段は植毛本数によっても変わり、
多くなるほど安くなるのが普通です。

それを考慮しても大体上記のような
価格帯になっているようです。

・日本の植毛相場の異常性

問題なのは日本の植毛クリニックの大半が
相場よりかなり高くなっている点です。

FUEの場合、1株1000円以上に
設定しているところもあり、
刈らないタイプだとさらにその倍くらいします。

FUTだとさすがにそこまで強気の設定はないと
思われますがそもそもFUEしか実施していない
クリニックだとそれしか選択肢がなく問題です。

一見するとそこまで高くないどころか
世界的な相場に近いところもあるのですが
基本治療費の存在を忘れてはいけません。

植毛クリニックの多くは植毛費用とは別に
基本治療費というものを設定しています。

金額は10~30万円とかなり高額で
それを加算すると1株あたりの値段が
当然高くなります。

基本治療費の内訳は麻酔代など
手術に関する費用という情報もありますが
あまり明確ではありません。

海外だとそのような意味不明な費用は
かからないのが普通のようなので、
日本はいかにアレかがわかります。

一見グラフトあたりの治療費が安くても
基本治療費が高く設定されてる場合もあるので
注意が必要です。

・植毛と費用の関係まとめ

日本の植毛費用が世界の相場と比べて
高く付く理由は土地代や人件費の他にも
クリニック自体が少ないので競争が起こりにくい、
などのことが考えられます。

他にも広告に費用を多く投入している、
高いものは良いものという短絡的なイメージが
植え付けられてることも考えられます。

番外として、
ドナーを採取する部分の
面積を基準に価格設定をするところもありますが
それはかなり問題があります。

なぜなら頭髪の密度は後頭部と側頭部で違い、
同じ部位でも個人差があります。

面積で費用を算出すると髪の密度が
少ない人は不利になってしまいます。

植毛を複数回行う場合もドナー採取部の
密度が下がっていることも考えられます。

植毛と価格の関係をまとめると、

・FUTの相場は1株あたり500円前後で、
FUEの場合はその倍くらい

・手術費用はドナーを採取する面積ではなく
1株ごとに算出するのがベスト

・日本の植毛クリニックの費用相場は
世界に比べてかなり高め

・基本治療費の内訳や存在理由が不明

・良心的なクリニックは一貫して
世界の相場と合わせて運営されている

だいたいこんな感じになります。

これを参考に良いクリニックの選定に
役立ててほしいと思います。