丼ものは健康に悪いものばかり|育毛食とは当然なりえない

スポンサーリンク

丼(どんぶり)ものは麺類と匹敵するくらい
日本人に親しまれている料理の定番中の定番です。

カツ丼、天丼、親子丼、うな重をはじめ
アレンジ丼というオリジナルな丼を個人で作ったり
店舗でも提供するところが多いと思います。

大手チェーン店は経済の指標になるくらいですので
その影響力は計り知れないものがあります。

ということで口に入れる機会がさぞかし多いと予想できますが、
果たしてそれは健康、ひいては育毛のためになると思いますか?

残念ながら現実は厳しいものです・・・。

みんなが美味しいと感じるものほど不健康で、
薄毛を助長するものとなっているのが現状です。

その代表例がファストフードやジャンクフードと呼ばれるものたちで、
丼モノもそれらに属するものと考えて差し支えありません。

特に丼ものにトラウマがあったり毛嫌いしたいわけではなく、
冷静に考えると誰もがそう思えるはずです。

丼もので問題となるのは次の5つです。

・肉類の摂り過ぎ

・精製米の摂り過ぎ

・炭水化物とタンパク質の組み合わせの典型

・甘い味付けのものが多い

・手軽に食べれてしまう

これらをひとつひとつ考察していきましょう。

まず【肉類の摂り過ぎ】について。

丼ものは基本的に動物性食品がご飯に乗っかった料理で、
しかもボリュームたっぷりである場合がほとんどです。

中には話題作りのためか何かのタワーを模したような
すごい量のメニューを作っているお店もあるくらいです。

そういうのでなくても丼ものは大抵動物性の肉が多い料理なので
肉の摂取量を多くする要因になっていると考えられます。

肉はタンパク源になるという短絡的な意見が目立ちますが
昨今の肉は成長ホルモンや抗生物質が投与されるのが当たり前で、
動物由来の老廃物や脂肪を多く含んでいるもの。

そういうものを日常的に摂取していると
いくら肉食に適した体質だとしてもプラスには働きにくいでしょう。

むしろ腸内で腐敗を起こして毒素を取り込んだり
余計な脂、タンパク質の過剰摂取に繋がります。

次に【精製米の摂り過ぎ】について。

丼ものは真っ白いご飯におかずを
ドン!と乗っけるのが当たり前となってますが
白米は味を追求した人間のエゴを象徴するもののひとつです。

本来米は玄米の状態で食すことが自然であり、
栄養摂取の面においても優れていることなのですが
精製してしまうと栄養のほとんどが失われます。

ほとんどでんぷんしか残らないので血糖値を大きく上げ、
糖化を押し進めることになります。

糖化は当ブログで何度もお伝えしていますが
糖とタンパク質が結合してAGEという老化物質を生み出す現象のことで
血管をはじめ赤血球や臓器を劣化させるとんでもない性質があります。

それがひどくなると糖尿病になったり腎不全になったりしますが、
そこまでいかなくても血液の質や流れにももろ影響するので
髪の毛にも甚大な悪影響が出ることがわかってきています。

丼となると御飯の量は少し多めになるのが関の山ですので
糖化を助長する代表的な料理ともいえます。

あと米も野菜同様農薬や肥料が使われまくりという現状もあります。

丼ものは不健康要素が他のジャンクフードと同様に多いので薄毛対策中は食べ過ぎないようくれぐれもご注意ください

次に【炭水化物とタンパク質の組み合わせ】について。

これはあまり知られていませんが、
実は炭水化物とタンパク質は消化において相性がとても悪く、
一緒に食べることで消化がとても悪くなってしまいます。

胃液は強力な酸だからなんでも溶かすと思われがちですが
本当は単独で摂取したほうが胃にとっては都合がいいと言われています。
(ナチュラル・ハイジーンという健康法を参考にしています)

ですから丼ものは栄養の組み合わせ的には最悪と言えるかもしれません。

消化に負担をかけるということはエネルギーの多くを消費することになり、
解毒に割く力も時間も少なくなる恐れも出てきます。

次に【甘い味付け】についてですが、
丼ものって全体的に甘い味付けが多いと感じませんか?

天丼のタレやうな重の味付けは典型的に甘いですし、
牛丼のタレも甘じょっぱい感じですよね。

甘いということは砂糖が使われているということです。

砂糖もほとんどが精製された化学物質のようなもので
見識ある方から見れば猛毒と言わしめる代物です。

糖化を促進させたりがん細胞の典型的な餌となるのが主な理由だと考えられます。

血糖値の急上昇を抑えるにはまずは野菜などを摂るのがいいですが
丼ものを単独で食べる場合が多いのではないでしょうか?

玉葱が使われることが多いですが添えられてる程度なので
ほとんど足しにはならないと思われます。

最後に【手軽に食べられること】について。
これがある意味一番やっかいかもしれません。

ファストフードでありジャンクフードでもある大きな所以です。

ご存知の通りちょっとした街中に赴けば
大抵は目につくところにチェーン店が点在しており、
しかも価格競争が激しい世界でもあるので
誰でもふらっと立ち寄って食べれるほど手軽です。

大手以外にもどんぶりものは人気メニューなので
デパートの最上階やフードコート、スーパー銭湯、観光地など
あらゆる場所に浸透しています。

それが食べ過ぎを助長する大きな要因でもあると思うので
事態は思ったより深刻かもしれません。

育毛を成功させる上で食生活の改善はトップクラスに重要な要素ですが、
文明社会は誘惑が多すぎるのでなかなか進展しない方が多いのもうなずけます。

そんなこんなで丼ものには強力な魔力が込められているので、
好きな方は改めて注意してみることをおすすめします。

<ジャンクフードの考察記事一覧>

・ジャンクフードと薄毛について

・ピザ

・ハンバーガー

・ドーナツ

・揚げ物

・丼もの(この記事)

・お菓子

・ジャンクフード考察のまとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存