Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/dekk6x/datumousyou.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848
単独服用でAGAを治せるか|プロペシアの効能だけでは難しい

単独服用でAGAを治せるか|プロペシアの効能だけでは難しい

シェアする

スポンサーリンク

プロペシアにお世話になっている方は世界中にたくさんおられます。

最近は個人輸入の人気が台頭してきて
インド製のフィンペシアやフィナロ・フィナバルドなど
ジェネリック医薬品を飲んでいる方も多いです。

有効成分はどれも同じくフィナステリドで含有量は1mgが主流です。
(たまにフィナステライドと呼ばれることもありますが
一般的にはフィナステリドが正しい呼称です)

男性型脱毛症治療薬として認証され
一般に普及し始めた頃は毛生え薬が始めて登場した!と
ものすごく話題になったものです。

しかし、プロペシア単独でAGAを治すにはなかなか困難なのが現状です。

フィナステリドは5αリダクターゼを阻害し
男性ホルモンのジヒドロテストステロンの産生量を減らすので
直接的にAGAに対抗する唯一の対策です。

しかも還元酵素の2型のみを抑制するので
薄毛の根本原因をピンポイントで減少させる効能があります。

それは世界中の研究や臨床試験の実績が多くあるので
嘘である可能性はかなり低いです。

にも関わらずなぜ治すのが難しいのでしょうか。

まず考えられるのは遺伝の影響です。

AGAを発症する人は男性ホルモンの感受性が
強い人と弱い人の2つに大別することができます。

前者の方はDHTがアンドロゲンレセプターと
かなり結びつきやすい特徴があり髪が薄くなるリスクがとても高いです。

でもその分、フィナステリドがよく効きます。

反対に後者の方は薄毛リスクは低いながらも
薬が効きにくいということになります。

感受性の強弱は遺伝で決まるので人それぞれ効果の出方が異なるのです。

AGAは単純に考えるとプロペシアを飲むだけでいいのですがそう簡単に治ればだれも苦労しない

次に考えられるのは効能の限界です。

一度ヘアサイクルが狂った髪の毛はすぐには戻りません。

DHTは確かにヘアサイクルを大幅に狂わす一因ですが
それを減らしたとしても髪の毛がすぐ生えてきたり太くなってくることはありません。

通常は1ヶ月に1センチ伸びると言われてますが
薄げになると1ミリくらいしか伸びないとされてます。

少しずつ伸び率が上昇してくると思われますがそれは順調な場合の話です。

その間にタバコや暴飲暴食・睡眠不足など
不摂生な生活習慣を送っていると当然髪の成長にも影響してきます。

5αリダクターゼを阻害したからといって
血行が促進したり成長因子が増えるわけではありません。

それがプロペシアだけで薄毛改善が難しいといわれる所以です。

(その効能の欠点を補うため
ミノキシジルの併用が推奨されているというわけです)

そして薄毛部分の男性ホルモンを
完全に抑制することができないことも要因だと思われます。

最大で65%のDHTを抑制するという話もありますが
もしそうだとしてもその効果は頭部にだけ及んでいることは考えにくい事です。

そんなこんなでフィナステリド錠だけに頼ることは得策ではないので
自分の出来る範囲でいろんな育毛対策を平行していくことをオススメします。

※一般的に効果が現れるのは最低で半年~1年、
2~3年続ければ9割以上の方に効果が出るといわれますが
効果と一口にいっても抜け毛の減少・現状維持など色々あり
必ずしもフサフサに戻るという意味ではありません。

スポンサーリンク

シェアする