育毛において最も理想的と言える方法|プロの指導のもと実践

スポンサーリンク

育毛法(薄毛対策)は基本的に自力でやるものですが、
1から10まで自己完結しようとするのは無理があります。

今の時代はネットがあるので情報が収集しやすいですが
どの方法が理想的なのかよくわからなくなるものです。

そのためかえって遠回りになってしまうというリスクが、
完全自力という方法に潜んでいます。

前回、前々回の記事ではそのようなことをお伝えしてきました。

今回は話を一歩進めて最も現実的かつ理想的な育毛法について
いろいろ述べていきたいと思います。

薄毛対策は大きくわけて3つあると以前お伝えしました。

その3つとは、

1・完全に自力でやる
2・プロ(専門家)の指導を受けながら行う
3・全てプロにまかせる

でしたね。

今回は2について触れていきます。

くどいようですが、2の方法こそが最も現実的であり、
理想的であり、効率的な育毛法と言えるものです。

以前は皮膚科医のひとつの守備範囲でしかなかった薄毛というジャンルも、
現在は専門家が登場するほどメジャーになりつつあります。

当然のことながら専門家はその道に精通しているので
中途半端な知識の皮膚科などとは一線を画す存在です。

そういう方の指導を受けながら実践することによって
あれこれ方向性がぶれず迷いなく日々の対策ができるようになります。

対策自体は自らの手足を動かしてやることになるので
ある意味自力ということになるのですが、
知識があるのとないのとでは全然違うのはお分かりかと思います。

・育毛の専門家は大きく分けて2種類おられます

それは医師資格を持ち、専門外来もしくは専門クリニックにて対応する方、
もう一方は医師ではないが毛髪診断士などの資格を持ち、
ネット上にて情報を提供する方の二通りです。

おそらく基本となるのはクリニックの医師になるかと思います。

なぜならときおりテレビCMでも宣伝されていますし、
ネット上でも広告が五万と存在するので目につきやすいことに加え、
医師という権威も味方するからです。(人は基本的に権威に弱い)

医師(クリニック)のいいところは医療機関を受けれる安心感があり、
体質を検査した上で治療方針を示してくれるので根拠がはっきりしており、
希望するならハーグやメソセラピーなどの施術も受けられることです。

昨今は育毛サロンがいろいろと問題になっているのは
医療機関でないため施術の根拠がはっきりしない上に
高額な施術料を要求してくることなどが原因です。

クリニックは列記とした医療機関であるため
薬の処方ができるのはもちろん植毛やハーグも行うことができ、
金銭的に余裕がなければプロペシアだけでも良いので
経済的にも自分にあった治療が受けれるのがサロンとの大きな違いです。

そして血液検査や遺伝検査なども行えるのは専門機関ならでは。

その上で医師が薬を積極的に使っていいのか、
問診により生活習慣はどのようにしていけばいいのかなど
客観的にいろいろとアドバイスをしてくれます。

ただ頭皮をカメラで拡大して観察するのとはわけが違います。

成長因子などの特殊な成分を注入するハーグやメソセラピーなどは
医療行為にあたるため医療機関限定の対策ということでそれまた安心感があります。

このように専門的なサービスをいろいろ受けられるので
安心して日々の対策に取り組むことができます。

逆に欠点は定期的に通わなければならないことと、
次にお伝えする医師ではない専門家の指導よりはお金がかかることです。

通う頻度は人によって異なりますが
薬を買わないといけないので必ず通う必要性が出てくるのです。

かかるお金も人それぞれですが薬代の他に診療費なども
上乗せされる可能性が高いので場所とプランによっては
毎月数万円かかることもあります。

育毛を実践する上で専門家の指導を受けながらやる方法が最も理想的です

次は医師以外の育毛の専門家についてです。

この専門家は病院ではなくインターネット上にて
自分の知識と経験からノウハウをまとめて公開し、
その後専用のホームページやメールなどで質問に応える、
などのサービスを展開している方になります。

このタイプの専門家は医師ではないにしても
毛髪診断士という資格を取得している場合があったり、
経験値が下手な医師より断然多いこともあり、
一概に医師でないからダメとはいえません。
(中には医師資格をもってる方もいらっしゃるかもしれません)

ネット上で活躍する育毛のプロのもとで対策するメリットは、
費用を安く抑えれること、誰とも会わずに対策できること、
そしてノウハウがクリニックの医師より濃いことがあることです。

まずノウハウ(いわゆる情報商材)の購入費がかかりますが
それは一度買えば本のようにずっと見られるので
病院みたいに定期的な無駄な出費(診察料など)がかかりません。

もちろん薄毛対作品の購入費用もかかりますが、
濃いノウハウとアドバイスがすでにあなたの手元にありますし、
無駄な買い物をする必要がないとすぐにわかるはずです。
(そもそも薄毛対策とは本来大金をかけるものではない)

あとアドバイスを受けるにしても全てネットで完結するので
病院のように交通費がかかったり、足を運ぶ労力がなく、
誰にも自分の頭をさらけ出さずに済むのは大きいと思います。

そしてこのネットタイプの専門家は
自らも薄毛に悩んだ経験をお持ちの方が医師より多いかもしれません。
(もちろん医師の中にもそういう方はおられます)

その経験があるからこそ薄毛の人の悩みがわかりますし、
ノウハウも濃いので非常に参考になると思います。

ネットタイプの専門家の欠点は本物が見分けにくいことと、
サービスの質に差があることです。

まずは情報商材という形で情報を買うことになるのですが、
その紹介ページを見るだけでは本当に良心的な人かを
完全に識別することは不可能に近いです。

ですから買ってみるまでわからない部分が多いので
けっこうギャンブル要素が強くなってしまいます。

医師で薄毛の専門家と称していても知識量に差がありますが
薬の処方は最低限受けられることもあり当たり外れは少ないといえます。

ネットの情報は詐欺的なものも多いので、
興味がある場合はその商材や発行者について
きちんと調べてから購入するようにしてください。
(ちなみに有名どころでほぼ間違いないのは育毛の達人さんです)

あと良心的な販売者だとしてもメールサポート期間が短かったりと、
その後のサービスの質の差が激しい部分もあるので、
しっかりサービス内容もチェックしましょう。

以上、今回の内容をまとめるとこうなります。

2タイプの育毛の専門家の特徴
比較のため一般皮膚科医も合わせて載せておきます

クリニック(病院)の医師 ネット上の育毛専門家 一般皮膚科医
信頼度
高め ギャップがある 低め
知識量
高め かなり高め 低め
指導法
対面 メールや専用のコミュニティ 対面
体質検査
あり なし なし
費用
高い(毎月数千円~数万円) 低い(数百円~数万円) 低め(数千円~1万円台)
通院
必要 不要 必要

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存