薄毛を治す上で必須項目となる食生活改善|減らすという考え方が肝

スポンサーリンク

薄毛という状態は何を意味しているかを考えたことはあるでしょうか?

昨今は研究が進んできたことで遺伝との関連を注視する向きが強くなってきています。

たしかに脱毛症の中で特に深刻なAGAも円形脱毛症も
遺伝との関連性はかなり高いと思われるので、
薄毛とはそういうことと認識されても不思議ではありません。

しかし、全てがそうと決めつけるのは間違っています。

髪の毛は体の状態を映し出す鏡である、
というフレーズを聞いたことがあるでしょうか?

髪は体の健康状態が真っ先に現れる器官であるため
髪が薄くなるということは体になんらかの
不健康要因が隠されているということを意味します。

自分は病気で寝込んでないから異常はないよ、
と思う人が多いかもしれませんが、だからといって健康体とは限らないわけです。

むしろ理想的な状態で毎日を過ごす人はほとんどいないと思われます。

なぜなら食生活が乱れまくっているからです。

体の健康は食生活改善が最大のキーポイントであり、
体調を悪くする最大の要因でもあります。

人間の体はよく出来ているので
ちっとやそっとの悪影響で病的になることはないですが、
長年体に悪いことばかりしてるとじわじわきいてくるもの。

何気なく私生活を送れているとしても、
変なものばかり食べていたら大した栄養が摂れないばかりか
体に毒素をためる一方でそれを排泄するために
必要な栄養素を消費することになってしまいます。

毒素とはアルコールが分解することで生じるアセトアルデヒドや、
食べ過ぎなどで消化しきれないで腸に行くことで発生する
腐敗物などのことでそれらは血液を通して全身を回ります。

あと加工食品には添加物がこれでもかというくらい使われており、
あなたの大好きな肉類も老廃物が溶け込んだ代物なので
身の回りには不健康な食べ物が溢れているのです。

そのうえ仕事を多くするほど偉いなどと評価される
日本人のくだらない慣習や料理をするのが面倒だからと
外食やコンビニ食が多くなったりするなどの問題もはびこっています。

育毛のキーとなる食生活の改善の重要性を認識していない人が多いから治る人が少ないのだと思われます

一番大切な食生活がそんな状態では生えるものも生えてきません。

髪は命の維持にあまり関係ないので不健康な生活を続けてると
一番最初に栄養補給がカットされる性質があります。

薬を飲んだりつけたりしても髪が生えたり増えたりしないのは
体の健康状態が悪い可能性が高いといえるのです。

もちろん重度の円形脱毛症など遺伝的要因が強いものは
専門的な治療をしないと完治は難しくなります。

AGAも薬を使わないと男性ホルモンの抑制が十分に行えない部分もあります。

しかし、髪は体が健康でないと育つ余裕が生まれないので
たとえなんらかの治療で髪が減る原因を断ったとしても
育つ要因がなければなかなか回復しないのです。

ということで食生活はかなり重要視してほしいと思います。

そういうと何を食べたらいいと質問する人が多いですが、
何かを増やすよりも減らすという考え方の方が大事だと思います。

例えば加工食品は極力避けて自然のものを調理して食べるとか
そういうことがとても重要だと感じます。

ですからある程度料理は出来たほうがのちのち色んな意味で有利になるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする