植毛術の一つであるチョイ式について デメリットが大きい

スポンサーリンク

今回は植毛の術式のひとつである
チョイ式について触れていきます。

髪が太い東洋人のために考え出された方法で
傷跡が小さいなどのメリットがあるようですが
問題点の方が大きいと思われます。

・針を使った少し変わった植毛法

チョイ式とは1992年に
韓国の国立慶北大学の
キム・チョンチョル教授が考案した
自毛植毛術のひとつです。

特殊な植毛機である植毛針、
通称ニードルを使うことから
ニードル式とも呼ばれます。

またはバンドルヘアトランス
プランテーションともいいます。
(毛束植毛術)

単一植毛法という言い方もあります。

植毛針に株をセットし、
薄毛部分に直接植え込むという方式で
髪が太い東洋人向けの技術です。

最大の特長は穴を開ける作業と
植え込み作業が同時に行えること。

針で薄毛部分に刺すと同時に
植毛できるとあって
かなりスピーディーに行えます。

針自体もかなり細いですから
スリットという細い穴を開けるより
皮膚組織の負担も少ないという
メリットもあります。

さらにそれを進化させたのが
KNU式というもので
針を刺す深さが自動的に
行えるようになります。

移植毛は浅すぎると抜けやすく、
深すぎると炎症リスクが高まり、
生着もしにくくなります。

針の素材も改良することで
皮膚組織が破壊される恐れを
さらに小さくもしたようです。

・チョイ式植毛の大きすぎるデメリット

しかし、チョイ式植毛には
とてつもなく大きな欠点が潜んでいます。

それが発毛率の低さです。

チョイ式は植毛針に株(FU株)を
セットする必要があるのですが、
その際に周辺組織を削ぎ落とすようです。

髪の毛は根っこだけ残していれば
育つわけではありません。

髪は中間部分に立毛筋と繋がる部分があり
そこは少し膨らんでいます。

その部分をバルジ領域といいます。

バルジ領域には髪の毛の元となる
幹細胞が生産されていることがわかってるので
そこを傷つけるとまずい可能性大です。

FU株とは単なる髪の毛の束ではなく
皮脂腺や立毛筋などの周辺組織が
すべてセットになったものを指します。

ですから周辺組織を削ぎ落とす方式は
かなり問題があると感じられます。

ドナーを採取する際は
まずはメスで移植片を切り取るのは
FUTと同じですが株分けは
顕微鏡を使わないで行うそうです。

その段階でも何らかの毛根組織が
傷ついてる可能性が高いと思われます。

また、植毛針は使い捨て(ディスポーザル)なので
費用が高くなる傾向にあるようです。

大体ですがFUEと同じくらいの
水準になるかと思われます。

発毛率が悪い(株の質が悪い)にも関わらず
そこまで費用が高いとなると
誰も納得できないのではないでしょうか。

ちなみに自毛植毛で最も支持されている
FUTはFUEの半分程度の相場です。

・チョイ式はすでにほとんど行われていない

このようにチョイ式自毛植毛は
数々の問題があることがわかったと思います。

現在は日本と韓国の一部のクリニックでしか
実施されていないということは、
それほど下火の技術ということの表れです。

東洋人の為に開発されたという
想いは良いのかもしれないですが、
ちょっと問題がありすぎる感じですよね…。

最後にチョイ式の特徴をおさらいします。

・1992年に韓国で開発された
自毛植毛術のひとつ

・植毛針という器具を使うことからニードル法、
単一植毛法などと呼ばれている

・穴の作成と移植を同時に行うことができる

・髪の周辺組織を削り取ることから
発毛率が低くなってしまう

・植毛針は使い捨てのため費用が高い

・現在はほとんど行われていない術式

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存