髪のためには軽い断食(1日2食)を普段から心がけることが大切です

スポンサーリンク

あまりテレビで特集されることはありませんが、
断食は究極の健康法と言っても過言ではないほど
様々な優れた効果が期待できます。

人間は脳が発達したがゆえに文明を発達させることができ、
動物として異色中の異色的な存在となりえましたが、
同時に矛盾めいたことばかりする生き物です。

健康は重要だけど食を楽しみたいという
余計な欲望があるがゆえに数えきれないほどの
病気や不定愁訴が蔓延する結果となり、いまでも病名は増え続けています。

薄毛になる人、改善せずに困ってる人が増えてるのも
間違った栄養学や常識が温床となってるといえます。

断食が健康にいい理由は体をリセットできるからです。

つまり普段から口にしている余計な食べ物をいったん断ち、
体に溜まっている老廃物や毒素を排泄することに集中することで
本来の健康状態を取り戻すことができるのです。

大多数の人は普段から食事を取り過ぎなので
腸にいつも宿便が溜まっている状態にあります。

それにより毒素が吸収されて血液が汚れたり、
腸に炎症やびらん(ただれ)が起きたり、
腸内の菌バランスが崩れて免疫力も低下してきます。

あと食べ過ぎは単純に肝臓や腎臓などの
重要な臓器に負担を強いることにもなります。

すると血液はどろどろした悪質なものになり、
ゆくゆくは髪の毛の発育にも影響してきます。

断食をすることでそれらの問題を解消し、
髪にも栄養を届ける余裕を生む状態へと導くことができると
大いに考えることができるわけです。

本格的でなくプチ断食をするだけでも体はかなり健康的な状態へ向かうので日ごろから少食を実践していきましょう

ただいきなり本格的な断食をするのは少々危険なので、
普段は「ちょっとした断食」を行うようにします。

具体的には朝食を抜いて1日2食を実践するようにします。

食べたものを完全に消化し処理するのに
実は18~24時間もかかっているのをご存知ですか?

そして朝は腎臓が活発に働く時間、つまり排泄に集中している時間なのです。

その間に朝食を取ってしまうと前日の夕食分をしっかり消化しきれないまま
また新たに食べ物を消化しないといけなくなります。

すると内蔵の負担が増えるだけでなく
腸に宿便が溜まり、余計な脂肪分や糖分、
活性酸素も増やすことになってしまいます。

さらにいうと食費も多くかかる羽目になります。

ですがいきなり朝食を抜くのはきついかもしれないので、
そういうときはまずいつもの半分の量を心がけ、
次第に果物や野菜ジュースだけで済ませるようにし、
最終的には水だけで過ごせるようにするのがいいでしょう。

1日2食にすることで3日間何も食べないという
本断食に匹敵する効果が得られるとも言われてるので、
とにかく食べ過ぎには注意しましょう。

興味がある方はたまに本断食をするとなお効果的だと思います。

ちなみに本断食をするにはプロの指導の元で
行う必要があるため必ず専門の施設でやりましょう。

そして普段から食事量をコントロールしていないと
本断食でさえやる意味が薄れるので
私生活を本当に大切にしてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする