森林浴は髪にもいい効果が|フィトンチッドがIGF-1を増やす

スポンサーリンク

森林浴をするとなんともいえない
清々しい気分になるものですよね。

なんでそんないい気分になるのか、
以前まではいつもと違う環境にいくことにより
気分転換になって癒されるのであろうなどと、
漠然とした解釈をされていました。

でも現在は森林浴が体にいいと
科学的に証明されています。

植物の多くにはフィトンチッドといって
虫や細菌から身を守る物質をもっています。

植物が傷つくことでその物質が放出され
外敵を撃退するという仕組みです。

森に入ると独特な香りがしますが、
それがフィトンチッドなんですね。

ちなみにフィトンチッドとはロシア語です。
フィトンが植物・チッドが殺すとか
やっつけるという意味ですが
正式にはテルペンという物質のことを指します。

サラリーマンを被験者にした実験によると
免疫に関係するNK細胞の活性が50%以上向上したり、
抗がん作用があるタンパク質の濃度があがる
という結果が出たそうです。

また、知覚神経を刺激する作用もあり
IGF-1濃度もあがることが確かめられています。

他にも森林にはオゾンが多く存在しており、
それも適度に知覚神経を刺激してIGF-1を増やします。

※テルペンの一種のヒノキオールは育毛剤にも使われています。

ということで近くに防風林などの森林がある場合は
是非ちょくちょく散歩やジョギングなどに
出かけてみてはいかがでしょうか。

運動することでまたIGF-1を増やせるので
森林浴はいいこと尽くしですね!

都会は基本的にビルばかりですが
探してみればけっこう森林浴スポットがあると思います。

例えば都内でいうと神代植物園・野川公園・林試の森公園、
代々木公園・神宮の森などなど挙げていくとけっこうあります。

IGF-1の効能についてはこちら