Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/dekk6x/datumousyou.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848
様々な器官に働きかけるIGF-1|薄毛から重病予防にも効く

様々な器官に働きかけるIGF-1|薄毛から重病予防にも効く

シェアする

スポンサーリンク

IGF-1は「Insulin-like-growth-factor-I」の略で
日本語にすると「インスリン様成長因子-1」と呼ばれるもの。

70個のアミノ酸からなるポリペプチドです。

名前の由来はインスリンと化学構造が
似ているためでありインスリンとは全く別の物質です。

このIGF-1が育毛のみならず
健康体を作るうえで非常に重要な成長因子なのです。

なぜ非常に重要かと言うと、
全身の器官がその影響を受けているからです。

髪や皮膚はもちろん、筋肉・骨・肺・肝臓・腎臓などなど
とにかくあらゆる臓器細胞の活動に必要不可欠なのです。

他にも成長因子は体の中にたくさんありますが
IGF-1ほど多岐に渡って活躍するものはありません。

ではIGF-1は体にどんないい影響を与えるのでしょうか。

まず体の外側から見ていきます。

■皮膚・髪への影響

コラーゲンを増やしたり汗腺の働きをよくしたりして
若々しい肌を保ってくれます。

髪に関しては毛母細胞の働きを活発にさせ
成長期を長く、退行期・休止期を短くします。

つまり髪が正常に育つヘアサイクルになるのです!


■内蔵への影響

IGF-1は血管を広げて血流をよくする働きもあります。

その結果、高血圧や高脂血症・糖尿病の予防、
さらには心臓の健康にも繋がります。

また、骨粗しょう症の予防や筋肉を増やしたりもしてくれます。

■脳・精神面への影響

うつ病やアルツハイマーの治療にも
IGF-1が注目されています。

ちなみにマウスの実験によると
学習能力が明らかに向上した結果もでたとのこと。

神経への影響もあることから
IGF-1脳にも重要な物質だとわかりますね。

■栄養面について

IGF-1はビタミン類と似た働きがあります。

例えばビタミンDの骨密度増加作用や
ビタミンCの抗酸化作用などです。

粘膜の健康にもかかわるのでビタミンA作用も備えています。

つまりIGF-1とは、

ほとんどの体の異常に働きかける万能薬

といってもいいのではないでしょうか。

これを味方にしない手はありませんね!

でもIGF-1は年齢と共に減少してしまうので
それに対抗すべく増やさないといけません。

次回は増やし方について触れていきます。

スポンサーリンク

シェアする