Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/dekk6x/datumousyou.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848
gi値の低い食品を選んで血糖値の急上昇を防ぐ⇒髪が生える体質へ!

gi値の低い食品を選んで血糖値の急上昇を防ぐ⇒髪が生える体質へ!

シェアする

スポンサーリンク

育毛をする上で最も基本になる対策の一つに食事があります。

食事の仕方によって髪が育ちやすくもなりますし全然育たないことにも繋がります。

特に注意して頂きたいのは食品の選択です。

なるべくgi値の低い食品を摂取することで
血糖値の上昇と糖化を防ぐことができるようになります。

GI値とはグリせミック・インデックス(Glycemic-Index)、
またはグリセミック指数を略した言葉で
炭水化物が消化され糖に変化する早さを示した相対数値のことです。

炭水化物を50グラムしたときの血糖値上昇の仕方と
ブドウ糖を100とした場合を比較して算出されます。

※GI値は食品を摂取したときの上昇具合を
曲線で示した「グラフの面積」で決まる数値であるため
単に甘いから・炭水化物が多いから高くなるわけではありません

※例えば血糖値が急激に上がる食品でも上昇が短時間であるなら、
最大値が低くても長時間続くものよりGI値が低くなる

※また、それぞれの炭水化物の含有量が違うため
比較するにも重量が異なりGI値は正確に表すのが難しい数値です。
そのため数値は他の情報源と異なる場合もあります。

※参考:GI値の算出式

GI値=
試料摂取時の血糖値の上昇曲線面積 ÷ ブドウ糖摂取時の血糖値上昇曲線面積 × 100

※このように比較試料によってGI値は全く異なるので
同じGI値一覧表でも何と比較してるのか
表記してないところの情報は注意したほうがいいです。

gi値を参考に血糖値の急上昇を防ぐ食生活を送りましょう。それは発毛体質を獲得する行いでもあります。

gi値が低い食品を積極的に取捨選択する習慣をつけることで
糖化リスクが減り健康体を維持することがしやすくなります。

髪は健康体でないと育ちにくい性質もあるため
GI値は育毛的にも大きな要素といえます。

Gi値が高い低いの目安は次のようになっています。

低GI値=55以下で主に果物や野菜・豆類など

高GI値=70以上は精白米やじゃがいも・白パンなど

中間が56~69となり全粒粉製品や薩摩芋などがあります

注意点は極端にGI値が低い食品に固執しないことです。

数値が高いからといってお米を食べないわけにはいかないですし
料理や外食の付き合いなど私生活によからぬ悪影響が生じます。

大事なのはあくまで低gi値「より」の食生活にするということです。

個々の数値は後述しますが代表的な例は精白米を玄米に、
パンは全粒粉のものに、麺類はソバが望ましくなります。

⇒糖化の基礎と危険性について

⇒糖化を防ぐ食事の仕方

スポンサーリンク

シェアする