Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/dekk6x/datumousyou.com/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848
gi値より参考になるgl値(血糖負荷)|炭水化物の質と量を考慮する

gi値より参考になるgl値(血糖負荷)|炭水化物の質と量を考慮する

シェアする

スポンサーリンク

血糖値が上がりやすい食生活を送っていると
老化原因物質(AGEs)が発生し様々な悪影響を体に与えてしまいます。

それは育毛にブレーキをかける一因となるため
食生活はとてつもなく重要な要素となります。

gi値は各食品の血糖値の上がりやすさの目安となり
薄毛を卒業するための大事な指標ともいえるものです。

しかし、gi値は炭水化物を50グラム摂取したときの
数値であるため炭水化物が元から少ない
野菜や肉類などの食品に対してはわかりにくい欠点があります。

また、炭水化物が多く含まれていたとしても
その食品の摂取量に左右される問題もあります。

そこで考え出されたのがGL値というものです。

glとはGlycemic Loadの略で日本語に直すと血糖負荷になり、
ハーバード大学の公衆衛生学大学院の研究チームが開発したもの。

GL値はグリセミック指数(GI値)に炭水化物の「量」を
かけた指標を表すものなのでより的確に各食品の
血糖値の上昇具合を知る大きな手がかりになります。

計算式は次のように表します。

GL値 = 各食材に含有する炭水化物の量(g) × GI値 ÷ 100

例えば精白米と玄米をその式に当てはめてみます。

米は一般的に茶碗1杯分が150グラムほどですので
それを基準にすると精白米の炭水化物の量は55.7グラム、
玄米の炭水化物量は53.4グラムとなります。

精白米のGI値を81、玄米を55として当てはめると、

精白米のGL値=55.7 × 81 ÷ 100 = 45.117

玄米のGL値  =53.4 × 55 ÷ 100 = 29.37

となります。

GI値の他にGL値という考え方があり、血糖値コントロールをする際は参考になる

GI値は炭水化物を50グラム摂取した際、
ブドウ糖(グルコース)を100としたときの相対値ですので
食べ物によっては何キロも食べないと
血糖値の本当に上がり方はわかりません。

つまりGI値は炭水化物の「質」だけを見てるのに対し
GL値は「質」と「量」の2つを考慮しているので
よりわかりやすく的確というわけです。

必ずしも計算をする必要はないので
1つの知識として頭の片隅にでもいれておいてください。

基本はGI値が低い食品を基本にして
適度に満遍なく食べることを心がけてください。

それが育毛を進めるうえで極めて大事なことになります。

GI値自体が曖昧な部分が残っているため
まだまだ国際的に浸透していないかもしれませんが
血糖値は健康を左右する最も基本的な要素の一つです。

世界保健機関(WHO)もGI値が低い食品を摂れば
心臓疾患や肥満の予防に繋がるとコメントしてるので
今後研究が発展してくれることに期待したいと思います。

⇒糖化は薄毛や老化を促進します

スポンサーリンク

シェアする