植毛は何回受けるべきか 繰り返すと密度100%は可能?

スポンサーリンク

植毛は何回がいい?

植毛手術は範囲が広い場合は
満足するまで何回か受ける必要があります。

理想は1回で済むことですが
それはなかなか難易度が高いです。

また、いくら繰り返し行っても
元々の密度は達成しにくいそうです。

・1回の手術で満足できる密度は達成可能?

植毛手術は画期的といえど
何もかも完璧というわけではありません。

自毛植毛はデメリットが少ない
優れた薄毛対策なのですが
今回はその一つについて考えていきます。

それは回数についてです。

植毛は範囲が広ければ広いほど
その手間と時間は増大します。

軽度のm字程度の植毛なら
1回で満足できると考えられますが
後頭部にまで及ぶ重度のAGAの場合、
何回か受ける必要性が出てきます。

最近はメガセッションといって
一度に2000株とかそれ以上の
植毛が可能になってきていますが
それでも限度はあります。

ポイントとなるのは密度です。

近年は株数を多く植えるだけでなく
高密度に植毛する技術も確立されてきてます。

それをデンスパッキングといいます。

ただ、範囲が広くなると
その分ドナーが多く必要になるため、
医師も患者もスタッフも時間的制約による
疲労が多くなるという問題があります。

また、一度に高密度に植えすぎると
かえって生着率(定着率)が落ちるという
報告もされています。

スリット(ドナーを植えるための穴)が
小さければその影響は少ないのですが
それは医師の腕に大きく依存するところです。

技術や気持ちが未熟な医師にまかせたら
それこそ本末転倒どころか
大損してしまうリスクが潜んでいるのです…

つまり、
あんまり欲張ってはダメってことですね…

・手術を繰り返すと密度100%は…

では1回はダメでも、
何回か手術を受けていく内に
密度を多くできるかという点も
けっこう気になるのではないでしょうか。

結論からいうと、
1平方センチメートルあたり
100本くらいが限界だろうと言われてます。

1株に生えている本数の平均が2本くらいなので
50グラフトが限度だろうということです。

日本人の場合、元々備わっている密度は
後頭部だと80Fu/平方センチメートルなので
良くて半分ちょっとって感じです。

しかし、密度は50%くらいになると
殆どの人は満足するレベルだということが
わかっているので十分ってことにもなります。

おそらく多くの症例において
2~3回も行えば概ね満足できる人が
ほとんどだろうというのが個人的感想です。

言い換えるとそんなにやりすぎても
意味がないってことですね。

日本では植毛クリニック自体が少ないので
立地条件が悪い方のほうが多いかもしれません。

だから1回で済ませたいという人のほうが
多勢を占めると思いますが、
そんなに慌てる必要もないような気がします。

ちなみに2回目以降の植毛は
最低でも半年以上開けるのがセオリーなので
そういう意味でも急がば回れ、ですね。

・どれくらいで満足できるかはあなた次第

植毛手術の回数と満足度についてまとめると、

1度の手術(ワンパス)で満足できる可能性は
どちらかというと低い

一度に濃く植えすぎると
生着率が悪くなる場合もある

何度か続けても密度100%の達成は不可能

しかし、密度は50%も達成できれば
ほとんどの人は満足できる

という感じですね。

無駄に密度にこだわりすぎても
お金と時間と労力の無駄になるので
適切な回数受けるのが大事ですね。

どのくらいが適切かは自分の気持ちと
腕のいい医師と相談して決めるのが鉄則。

急がば回れの精神を忘れずに(^^)

スポンサーリンク

シェアする